(今、8人いるよ)
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録

みんなのGood

良質:6票物語:8票納得感:4票

20XX年、繁栄を極めたAI技術はついに人型ロボットの個人所有を可能にした。

通称『ナナミ』と名付けられたそのアンドロイドは、優秀な演算能力と人間らしい柔軟な思考能力とをあわせ持ち、どのような状況においても最速かつ最善の選択をすることができる。
その利便性から徐々に一般家庭への普及も進み、カオルも『ナナミ』を購入した1人であった。

そんな『ナナミ』たちは月に一度、本社の建物に集められて試験を受ける。システムに劣化や故障がないか確認するために、大量の問題をいかに速く処理できるかを計測するのだ。

カオルの家の『ナナミ』は同型のロボットの中でも優秀な成績を維持していたが、ある月を境に底辺に近い結果を出すようになってしまった。

その報告を聞いたカオルが嬉しそうにしているのは、一体何故だろう?
20年05月17日 21:00
【ウミガメのスープ】 [「マクガフィン」]

久々の出題は渾身の一杯。




解説を見る
『簡易解説』
ある日カオルに{婚約を申し込まれた}『ナナミ』は、毎月行われる{筆記試験}で自分の名前に添えて{カオルの名字}を記すようになった。
コンマ何秒を争うロボットの試験においてその{わずか数秒は命とり}だが、『ナナミ』が{結婚の申し出を受け入れてくれた}と感じたカオルは歓喜した。

◇◇◇◇◇◇◇◇


アンドロイドと人間は何が違うのか?
それは心を持つかどうかである。
では人間がアンドロイドに恋をするのは、おかしいことなのだろうか?

篠崎カオルの思考はいつもこの疑問に行き着いて止まる。その名前や中性的な容姿からよく女性に間違われる彼は自分の優柔不断な性格に悩んでいたが、その恋心だけは疑いようもなかった。

『ナナミ』を購入した数ヶ月前は、まさかこんな感情を抱くことになるとは思いもよらずにいた。職業柄効率的な事務処理が必要とされる彼にとって、その全てを的確にこなすロボットに興味を惹かれただけだった。

だが一つ屋根の下で毎日を共に過ごすうちに、いつしか彼女をただの鉄の塊だとは思えなくなっていった。いつでもカオルを助けてくれるその頼もしさに、時折見せる柔らかな笑顔に、それがプログラムに過ぎないことはわかっていても、胸の高鳴りを抑えられなかった。

毎月ナナミは試験を受けるためにカオルの家を離れて東京へ向かう。アンドロイドがわざわざ筆記試験なんて前時代的なと思うものの、いかにもロボットらしい演算処理に加えて、専属の係員が直接視認して歩く、話す、書くといった人間らしい動作に異常はないかをチェックするというのだから、あながち非合理的でもないのだろう。
しかしそんな一時の留守でさえ、カオルの心をかき乱すには十分だった。


だからある時カオルは、思いの丈をナナミに伝えることにした。夕飯の後に話があると改まった様子の彼を見て、彼女は怪訝そうな表情を浮かべる。

{「あなたのことが好きです。僕と結婚してください。」}

カオルらしくどもりながらもハッキリとそう口にした。きっと彼女は困ったように断るのだろうと、心のどこかで思いながら。


気まずい沈黙の後、ナナミはゆっくりと口を開く。

「……すみません、私は明日、月例試験に行かなくてはいけないので、今日は失礼します。」

どこまでも無機質なその声は、彼女が閉めたドアの音は、2人の埋めがたい距離を冷たく示すようだった。わかってはいても、拒絶はやはり身にこたえる。カオルは肩を落としながら床についた。


◇◇◇◇◇◇◇◇

「E判定!?」

試験を終えて帰宅したナナミからの報告に、カオルは耳を疑った。
演算処理能力を中心とした月例試験においては、正答を出すことは大前提とされ、その速度を計測してシステムに不具合がないかを調査する。アンドロイドらしいハイレベルなテストでもカオルの家のナナミ・・・『ナナミ J20557』は優秀な成績を収めており、全国に数万台いる『ナナミ』の上位10%にあたるA判定から漏れたことはなかった。それなのに…

「E判定だなんて、最底辺に近い結果じゃないか、まさか、誤答を…」
「していません」
「じゃあ、演算能力が…」
「落ちていません」
「そ、それなら筆記スピードの劣化…」
「そのままです」

「な、なら一体、どうしていきなり成績が落ちたんだろう?」
「それは」
彼女はそこでふいと目を逸らした。

「それはきっと、名前が変わったからだと思います。」
「ん、名前?」
訝しげに首をひねるカオルに、ナナミは一枚の紙を差し出した。

それは月例試験の答案用紙だった。採点後すぐに返却された答案を眺めていたカオルの目は、ふと一点に釘付けになる。

『ナナミ J20557』
もはや見慣れた機体名に通し番号。しかしその横には見慣れぬ、いやむしろ見慣れすぎた二文字が記されていた。


『篠崎ナナミ J20557』


怒涛の進歩を遂げたAIによる試験はコンマ何秒を争うものだ。確かに無駄な漢字なんて書いていたら、一気に抜かれるのも当然と言えよう。
でも、これって……

「すみません、余計なことをしてしまいました。」
下を向くナナミに余計だなんてと紡ぎかけた声は、「でも」という彼女の言葉にかき消された。

「でも、仕方ないですよね。だって…」


「だって私たち、夫婦なんですから。」


はにかんだように笑うナナミは、他の誰よりも人間らしかった。

僕はこの笑顔を、守りたいと思う。人か機械かなんて関係ない。誰が何と言おうと僕が幸せにしてみせる。

きっと大丈夫だ。だって、


{愛に不可能はないのだから。}

SHARED JOY→W JOY「18Good」
良質:9票トリック:4票物語:4票納得感:1票
YESかNOで答えられる質問をして、まだ彼女の手も握れていない彼が、次の段階に進めるように導いてあげてください。



【{《 時間制限:本日中 》}】

(SP:オリオンさん)
21年06月19日 16:03
【新・形式】 [霜ばしら]

霜はしらが貸したなにかは、本来不要なものでした。




解説を見る




【 《 FA条件① 》】
亀雄とラティファに、誓いの言葉(「{生涯愛し合い支えあうことを誓いますか?}」のような言葉)の問いかけをして、「{はい!誓います}({ハイ!チカイマス})}」と答えさせること。


【《 FA条件② 》】
質問と回答で、{W結婚}すること。
(結婚式の要領で、亀雄・ラティファに順に問いかけて、連続で①の条件を満たす。)


{※} 本日は{《 友引 》}。(朝・夕・夜は吉)
「友に幸せを引き寄せる日」として、幸せをお裾分けするにはぴったりの日取りだそうです。




**************************



【MC霜ばしら】
「ただいまをもちまして、新郎 亀雄さん、新婦ラティファさんの人前結婚式を目出度く結びとさせていただきます。

ご参列、ご協力いただき、誠にありがとうございました。

【亀雄さん・ラティファさん、並びにアカガミさん・ふたり目のアカガミさん、ご結婚おめでとうございます!
皆様、暖かい拍手で祝福いたしましょう!】」


(挙式の流れは、{まとめも}の方に載せます。)



**************************




【霜は{゛}しら】が{貸していたなにか}=「<{゛}>」


{※}これは、【サムシング・フォー】《 サムシングオールド(なにか古いもの)・サムシングニュー(なにか新しいもの)・{サムシングボロー(なにか借りたもの)}・サムシングブルー(なにか青いもの)》という欧米の結婚式の習慣によるものです。

結婚式で花嫁がこの4つのものを身につけると、幸せな結婚生活が送れると言われているそうです。




※【「霜はしらが貸したなにか」が登場するはずだった回答のルールについて】


① 亀雄→ラティファの順で{交互}に回答する。

② 亀雄は、YESの時には「はい」、NOの時には「いいえ」と回答する。

③ ラティファは、YESの時には「{チガイマセン}」、NOの時には「{チガイマス}」と回答する。

④ (③の回答の「{゛}」に着目してもらうために、ラティファの「{チガイマセン} / {チガイマス}」以外の文字に「{゛}」を使用せずに回答する。

⑤ 正解時に、亀雄とラティファの回答が合わさって「{はい!誓います}({ハイ!チカイマス})」となる。


{※}③は、「{チカイマセン}/ {チカイマス}」に、借りた「{゛}」をつけて「{チガイマセン} / {チガイマス}」と回答し、正解すると「{゛}」を外す。という仕組みでした。







{※}【タイトル】…↓スウェーデンのことわざ↓からつけました。
{Shared joy is a double joy, shared sorrow is half a sorrow. }
(喜びは分かち合えば2倍に、悲しみは分かち合えば半分になる。)
良質:6票トリック:6票物語:1票納得感:5票
以下の文章を読んで、語り手がなぜ幼なじみに詰られることになったのかを推測してお答えください。


目覚まし時計が鳴り響き目を覚ます。時刻は6時半。俺は起きた。朝食を食べ、制服に着替える。そうこうするうちに7時になり、家を出た。ちょうど隣に住む、幼なじみの桃子も出てきたところだ。桃子は俺を見ると、【「おはよう!くたばれ!」】と言ってきた。いつも通りの朝だ。
21年12月21日 20:29
【ウミガメのスープ】 [メラ]



解説を見る
主人公の名前をつけてください。
→「くたばれ」

「くたばれ」でよろしいですか?
→はい

【解説】
ゲームの主人公の名前を「くたばれ」にしたから
良質:12票トリック:1票物語:2票納得感:3票
好き、好き、好き、好き…
ただそう言いながら花びらを外し続ける。
この行為にれっきとした意図があるとすれば、それはどういったもの?
22年03月19日 20:53
【ウミガメのスープ】 [天童 魔子]



解説を見る
例えばあなたの親友とか、妹とか、お姉さんとか

貴方が絶対に叶わないと思っている親しい人物が
あなたと同じ人を好きだと分かったら、好きになる瞬間に気づいたらどうする?


恋の勝負をしたら勝ち目がないのは分かってる
だけどもその子のことは恋敵なのだけども憎めない相手
でも絶対に負けたくない、譲りたくない。


幸いのことにその子はまだ恋に芽生え掛け
彼のことをはっきり好きだと確信を持ったわけじゃないわ。


でもそれも時間の問題、彼女が自覚をしてしまうのをどうにかして止めないと



だから私は
<好きで終わる花びらを先に全部摘み取ったの>
判別は得意だった、前からずっとしてたからね




彼女の花占いの結果が全部{キライ}になって欲しかったから
良質:9票トリック:1票物語:8票
同級生の綾坂を手当した御島少年は、彼女の怪我が治らないことを心配している。
綾坂はどこに怪我をしたのだろうか。
22年05月11日 14:11
【20の扉】 [まんと]



解説を見る
【左手の薬指】