(今、5人いるよ)
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録

みんなのGood

良質:9票トリック:1票物語:8票
同級生の綾坂を手当した御島少年は、彼女の怪我が治らないことを心配している。
綾坂はどこに怪我をしたのだろうか。
22年05月11日 14:11
【20の扉】 [まんと]



解説を見る
【左手の薬指】
人を食った話「18Good」
良質:9票物語:7票納得感:2票
【南米の奥地に住む少数民族・リバニ族には、今もなお食人の風習が残っている】……との噂がある。

噂がある、というのはつまり、リバニ族が実際に人間を食しているところを見た者は誰もいない、ということだ。いや、何も、真実を知った者は生きては彼らの集落から出られないとか、迷い込んだ旅人はことごとく襲われ喰われるので誰も近づきたがらないとか、そういう恐ろしい話ではない。

噂によるとこうだ。{リバニ族は、民族の誰かが死亡すると、その親族が集まり、死者の肉を食べ、血を飲む。これは、死者の血肉を己の身体に取り込むことで、その魂をこの世に留め、不滅のものとするという、リバニ族流の弔いの儀式である}……とのことらしい。
そして、その儀式の場には死者の親族以外は決して立ち入ることを許されない。そのため、実際の儀式の場で何が行われているのか、リバニ族以外は誰も見たことがないのだ。

{文化人類学者である私}は、リバニ族のこの噂に大いに興味を持ち、その真相を確かめるべく、フィールドワークとして彼らの住む小さな集落を訪れた。
いきなり噂のことを尋ねてもまともに答えてくれる訳がないと思った私は、とにかくまずは彼らとの交流を深めることに注力。やがて、カメルという一人の若者と親しくなった私は、彼の家に住まわせてもらえるようになった。昼はカメルの仕事――彼の仕事は主に森から資材を切り出し、それを集落の倉庫へ運ぶことだ――を手伝い、夜はカメルの家族から、リバニ族に伝わる言い伝えや昔話を収集し記録するという、学者としての本業を行う日々。カメルの家族や、その他のリバニ族からの信頼も得て、私はすっかり彼らの暮らしに溶け込んでいった。

そんな暮らしを続けることおよそ3ヶ月。{カメルの祖父・ウミスが死んだ。}
横たわるウミスの遺体と、すすり泣く彼の親族たち。そんな中、カメルは私に、「弔いの儀式を行うので、しばらく家を出ていてほしい」と伝えてきた。
私は思いきって、儀式に同席させてくれないかと尋ねたが、カメルは申し訳なさそうに首を振った。
「君が我々のことをよく知ろうとしてくれていることは嬉しく思うし、本当は儀式のことも気になっていたのだろうけれど、それを無闇に口にないようにしていたことも分かっている。僕もウミスも、君のその誠実さがとても好きだ。けれど、すまない、儀式には家族しか立ち会えない……これは我々の掟なんだ、分かってくれ」
「分かった。無理を言ってすまなかった。すぐに出て行くとするよ。外で待っているから、終わったら声をかけてくれ」
そう言うと私は、彼の家を出た。

――それから2時間程が経った後。

儀式が終わったのか、家からカメルが出てきた。
「ありがとう。おかげで儀式は無事に終わり、ウミスを弔うことが出来た。ウミスの魂は僕とともにある。彼も君に感謝しているよ。今の僕にはそれが分かる」
「礼を言うのはこちらの方だ。君たちのおかげで私は多くを知ることができた。ありがとうカメル、そしてウミス」

私はカメルと固く抱き合いながら、

 【――リバニ族が人を食うという話は、どうやら嘘のようだな。】

{と結論付けたのだった。}

さて、それは何故だか、わかるだろうか?
22年06月19日 00:58
【ウミガメのスープ】 [ブルーエール]



解説を見る
カメルに家を追い出される直前。
私は、{ウミスの遺体に、極めて強力な毒物をこっそり注射しておいた。}

もしカメルや他の親族が、その遺体の肉や血を口にしようものなら、たちまち彼らはウミスの後を追うことになっていただろう。
そして、カメルは今、私と力強く抱き合っている。それが私にとっては答えだった。


「……100年くらい前までは、本当に死肉を食べていたらしいんだ」

ずいぶん後になって、カメルはそう教えてくれた。もっとも、そのときの彼は、アマゾンの奥地に暮らす少数民族ではなく、シアトルに本社を置く某巨大企業の社員という肩書きだったが。森の奥で木を運ぶだけの暮らしに飽きた彼は集落を出て、指先ひとつで世界中のあらゆる物を動かすエリート会社員へ転身したのだった。

「でも、さすがに人肉を食らうのはどうなんだという話になって、形だけ儀式を行った後、そのまま遺体を土葬するように変わったんだ。本当はそれだけの話のはずだったんだが、その直後くらいから、どこからなのか、"リバニ族が人間を喰っているらしい"って噂が広まったらしくてな。学者や作家、テレビ局なんかが入れ替わり集落に取材やら調査やらに来るようになったんだ。連中も、取材に来るだけ来てこっちには何も渡さない、ってほど無作法じゃあなかったからな、リバニ族にとっては、ちょっとした小遣い稼ぎになったわけだ。そういえば、集落でも仕事がしたいって言って、ネット回線をわざわざ引いてくれた学者がいたっけな……。ま、そういうわけだから、『人を食ってる』って誤解されたままの方が都合が良かったから、儀式の実態は秘密っていう体にして、噂をそのままにしておいたのさ」
「なるほど、そういうことだったのか。教えてくれてありがとう、カメル。やはり君は心の友だ」
そう言うと私たちは、グラスになみなみと注いだ真っ赤なワイン――これには特に何も入れていない、その必要がないから――で乾杯するのだった。
超偏りアンケート「18Good」
良質:3票トリック:3票物語:1票納得感:11票
1922年。
この時代のアンケートでは「ハイ」と答えることはあっても、
「イイエ」と答えることはほとんどない。

時は流れ、2022年。
この時代のアンケートでは「イイエ」と答えることはあっても、
「ハイ」と答えることはほとんどない。

何故このようなことが起こるのだろう?
22年07月08日 22:30
【ウミガメのスープ】 [いんふぃ]

年代が丁度100年差ですが、特に意味はないです




解説を見る
1922年のアンケートは【選択肢がいろは順】であると思われるため、
「選択肢ハ(3番目)と選択肢イ(1番目)」を選ぶことはあっても、
「選択肢イ(1番目)と選択肢イ(1番目)と選択肢エ({43番目})」を選ぶことはほとんどない。

2022年のアンケートは【選択肢が五十音順】であると思われるため、
「選択肢イ(2番目)と選択肢イ(2番目)と選択肢エ(4番目)」を選ぶことはあっても、
「選択肢ハ({26番目})と選択肢イ(2番目)」を選ぶことはほとんどないから。
曖昧亭のスープ「18Good」
良質:15票トリック:1票納得感:2票
将来のことをまだ何も考えておらず、田舎で暮らしながら暢気にテレビを見ていたカメオ。
ニュースで解説されるのは野菜高騰だの動物絶滅だの年金問題だの感染症だの憂鬱なものばかり。

そんな中で突然、都会に居るはずの弟のウミオがやってきたのでビックリしてしまった。
自分のときはどうにか移動手段があったが、
先ほど見ていたニュースから、移動制限がかかりこちらに来れないだろうと思っていたのだ。

どうやって来たのか尋ねたところ、自分とは違う手段でここまで来たらしい。
それを聞いて、カメオは家業を継ぐことを決意した。

一体どういうこと?
22年08月07日 21:34
【ウミガメのスープ】 []



解説を見る
妊娠初期から体調不良で母が入院している間、田舎でキャベツ農家を営む祖父母のもとに預けられていたカメオ君。
彼は子どもニュースを見ていた。


「年金破綻するから少子化どうにかしちゃうよ特集」

タイヘンなんだなー、何万人もふやそうとしてるのね(・ω・)


「絶滅しかかっている動物たち特集」

タイヘンなんだなー、コウノトリさん200羽しかいないのね(・ω・)


……あれ?
僕のときはコウノトリさんが運んでくれたって母上言ってたけど……?(・ω・;)


そんなわけで、生まれて間もない弟ウミオを抱えてきた母ウミコに
弟君どうやって来たの?コウノトリさんカローシしてない!?と尋ねたのだが、
心配し過ぎるカメオのため、キャベツ畑から来たから問題ないと母は説明した。


「異常気候による野菜高騰特集」

……キャベツもあぶないはずだよ!?次の弟君妹ちゃんのために僕もキャベツ育てる!!!(;ω;)
良質:15票物語:2票
男が自宅で思い出の品の整理をしていると、写真がはらりと舞い落ちた。

拾いあげて見ると、子供たちが通っていた高校の卒業式の日に撮られたものだった。
校門前で2人が仲良さげにポーズを決めている。

(2人とも制服だから、お姉ちゃんの方の卒業式だな……)

懐かしそうな笑みを浮かべた男だったが、やがて声をあげて泣き出した。

どうしたのだろう?
22年06月26日 20:50
【ウミガメのスープ】 [はなうた]

よろしくお願いします!




解説を見る
最愛の妻の死後、遺品整理で見覚えのない写真を見つけた男。

一目見て子供たちの写真だと思った。写っている少年少女は確かに息子と娘の顔だったから。
しかし程なくして、校門前におかれた看板に目が釘付けになった。

 -------------------------------
  昭和六十年度 海亀高等学校 
  卒業証書授与式    
 -------------------------------

昭和……、子供たちはまだ生まれていない。
写真に写っているのは娘ではなく、同じ高校の卒業生である妻の少女時代だったのだ。親子なだけあって娘そっくりである。

{では、息子とあまりに瓜二つのこの男は……?}

妻が学生時代の恋人と不倫していたことを知り、彼はやりきれない思いで慟哭した。