みんなのGood

良質:18票トリック:5票物語:5票納得感:1票
South West East Northの4枚で構成される4枚謎を作成したカメオ。上記の画像は4枚謎_完成版_最新であり、これは4枚謎_完成版と比べて一ヵ所加筆が加えられている。

4枚謎を全て解いた上で、カメオが何を書き加えたのか1文字で答えてほしい。
23年12月25日 19:09
【20の扉】 [うつま]

‪☆




解説を見る
    4枚謎_完成版_解説


解説

この4枚謎の答えはもともと、「{だいす}」「{きあい}」「{してい}」「{くりすます}」であった。枠線が薄くなっている文字を除いて繋げると、「{だいすきあいしています}」と読むことができる。
この謎は、カメオが妻に愛を伝えるために作った謎解きだったのだ。
しかし、いざ妻に解かせようとした直前、カメオは急に気恥ずかしくなってしまった。こんな方法で愛を伝えるなんて、子供じみていると思われないだろうか、と。カメオは応急処置としてSouthの謎の答えのマスの数を変え、潜ませていた愛のメッセージを消した。

よって、カメオが最後に書き加えたのは、【コ】である。




きっかけは、些細な喧嘩だった。日常の中にある、本当にどうでもいいようなことで妻と{言い合い}になって、怒った妻はその日一日口をきいてくれなくなった。
その翌日にはお互いにごめんと謝って、何事もなかったかのように日々は再開した。
でも、あの日から、ほんの少しだけ。妻と私の間の距離が遠くなった気がした。
私の愛が冷めた訳ではない。今でも妻のことは一番に愛している。でも、妻はもしかしたら、そうは思っていないのかもしれない。もう愛が冷めてしまったのだと妻には思われているのかもしれない。
もしそうだとしたら、私はちゃんと、妻に愛を伝えなければならない。その手段として思いついたのが、高校生の頃から趣味にしていた謎解きだった。
「{だいすきあいしています}」が現れる謎解きを作ったのは、そんな次第だった。

12/25クリスマス。もともとクリスマス用に買っていた小物をプレゼントしたあと、「そういえば、もうひとつプレゼントがあるんだ」と準備していた4枚謎について妻に話した。
「最近忙しそうにしてると思ったら、そんなもの作ってたなんて。好きな物に一途なところ、昔から変わんないね」
そう笑う妻の姿は、私が妻に初めて出会ったあの頃と何も変わっていなかった。その姿を見て私は、変わらない日常に不安を感じてしまった自分を恥じた。確かにそこにあった幸せを、つまらない妄想で見失ってしまっていたことを恥じた。
そして何より冷静になって考えてみると、謎解きで愛を伝えるなんていう子供でも思いつかないような作戦を、大の大人が本気になって実行しているというこの状況が、呆れるほど恥ずかしく思えてきた。
「ちょっと今から謎を印刷してくるよ」
私はそう言って書斎に走り、「{だいす}」が答えになる謎が「{さいころ}」が答えに変わるように、一箇所修正を加えてから謎を印刷して妻に渡した。

妻は私が想定していたより遥かに早いスピードで4枚の謎を解き終わり、「答えはクリスマスでしょ」と笑って私に伝えた。
なぜだか恥ずかしそうに笑う妻が可愛くて、愛してるの言葉はちゃんと言葉にして言おう。そう決めた。
しかしその愛の言葉が私の口から出る前に、私は思わぬ不意打ちを受けた。
「私も愛してるよ」
「えっ?」
驚く私に、妻はSouthの答えの4マス目にバツを書いて潰し、答えを「{だいす}」にして埋めた紙を私に見せた。

そういえば、昔から妻は私よりもずっと謎解きが得意だった。



━━━━━━━━━━━━━━━

あとがき

私にとっての2023年は、{謎解き}の年でした。
ウミガメのスープを布教するために謎解きサークルに入ったのがきっかけで、月に6回くらい謎解き公演に行ったり、いくつか謎解き制作に関わらせてもらったり、気づけば謎解きまみれの日々です。
ウミガメのスープと謎解き、その両方に魅せられた人間として、両者の魅力を最大限に表現できる問題を作ってみたい。そう思って作ったのがこの問題です。皆さんの口には合ったでしょうか。
これを機に、謎解きの楽しさに気づいていただけたら幸いです。
それでは皆さん、【{メリークリスマス}】
良質:6票トリック:2票物語:16票納得感:4票
恋人同士であるフレディとサラは夜の森の中にいた。

フレディの持つリボルバーには1発の弾丸が装填されている。

フレディはサラに銃口を突き付けてこう尋ねた。

「君は神様が本当にいると信じるかい?」

「信じるわ」

「・・・分かった。僕も信じるよ」

フレディは、リボルバーから弾丸を抜き取った。



{この後、フレディは誰を殺すだろうか?}
23年01月30日 00:28
【20の扉】 [異邦人]



解説を見る
【正解:狼男】


【物語:】

【{アオオオオオオオオオオォォォォン・・・}】

「狼男だー!! 狼男が出たぞー!!! 狼男が、{ぎゃああああああああああああああああああああああッ!!!」}

満月の夜。小さな町に1頭の怪物が現れた。
その怪物が外から来たのか、元からいたのか。それは誰にも分からないことだった。

確かなことは、その怪物の名が{『狼男』}ということだけである。









両親を早くに亡くして独り暮らしのサラは、2階にある寝室のベッドの中に隠れながらも、窓から目を離せずにいた。
突然、窓ガラスが強く叩かれてバシバシッと音を立てた。

「キャアアアアッ!!」

「サラ! 僕だ! フレディだ!」

「フレディ! い、今開けるわ!」

屋根をよじ登って現れたフレディは恋人のサラに招き入れられると、窓にリボルバーを向けながらサラに話し掛ける。

「君が無事で良かった! 町中に狼男が現れたんだ、逃げよう! 家に閉じ籠もっていても殺されるのを震えて待つだけだ!」

「逃げるってどこに!?」

「それは・・・!」

{いやあああああああああああぁぁぁぁ・・・}

窓の外、遠くから悲鳴が上がった。そしてそれに続くように遠吠えが響き渡る。
ガラスの割れる音、木の破れる音がしたのも幻聴では無い。

直後、銃声が鳴った。
何発もの銃声がして、男たちの歓声が上がった。
そして、男たちの歓声は{断末魔}へと変わっていった。

「ここに来る前に、僕も皆と一緒に応戦したんだ・・・だけど、{狼男は銃で撃たれても怯むだけで死なないんだ}・・・伝説の怪物なんだよ! もうこの町に安全な場所は無い!」

「・・・分かったわ。だったら、町の南にある女神の森に行きましょう」

「森は危険だ! 森が奴の棲み処かも知れない!」

「あそこは女神の森よ!」

「今でもそんなこと言ってるのは老人と君ぐらいだよ!」

「どこも危険だって言うなら、私は私の行きたい所に行くわ」

「あーもう、分かったよ! ――で、それは何?」

「銀のロザリオよ。吸血鬼以外にも効果があるかは分からないけど」

「だと良いね。じゃあ行くよ!」

2人は窓から外に出ると、急いで町の南門へと向かった。
生憎、悲鳴は町の北部から聞こえていた。惨劇の町を抜け出すことは容易かった。

しかし、この夜の風は南風であった。
若い2人の男女の匂いはやがて、町中での惨殺に飽いた狼男の鼻腔をくすぐることとなる。









森の中は静まり返っていた。獣たちも異形の捕食者に恐れをなしているのである。

サラとフレディは、随分と森の奥まで逃げていた。
真夜中の森に時折差し込む満月の輝きは、行く末を照らす希望の灯火にも、決して逃がさぬ眼光にも思えた。

森を先導するサラの足取りには確かなものがあった。

「闇雲に進んでるワケじゃなさそうだけど、この先に絶好の隠れ家でもあるのかい?」

「もうすぐ着くわ。フレディとも子供の頃に行ったことある場所」

「それってもしかして」

「そう、『女神の泉』。あそこなら、きっと女神様が守ってくれる」

「泉って・・・開けた場所にあるじゃないか。もっとこう、何かあるだろ」

「うーん。でも、もう着いたし」

森の奥にある泉は神秘さと清らかさと、そしてそれ以上に荘厳さを湛えていた。

「何にせよ、少し休もう」

そう言ってフレディが泉の水を掬おうとしたその時。


【{アオオオオオオオオオオォォォォン・・・}】


極限の緊張状態で研ぎ澄まされている2人の耳は、町から響いたのならば聞こえる筈の無い遠吠えを、森の中で微かに確かに聞いた。

狼男が、2人に迫っていた。
逃げ場が無いことは、明白だった。

満月は雲に隠れ、泉には絶望の闇が漂い始めていた。

「ごめんなさい、フレディ。ここもすぐに見付かるわね・・・」

「良いさ、どこへ逃げても同じことだったんだ」


しばしの沈黙の後、フレディは切り出した。

「サラが狼男に惨たらしく殺されるなんてこと、僕には耐えられない。 僕の手で、君を苦しまずに眠らせたい」

フレディの確かな覚悟と哀しいまでの愛を感じたサラは、それを拒む気にはなれなかった。

「そう・・・弾丸は何発あるの? 既に町の中で使ったんでしょう?」

サラの家に着く前に、フレディは他の町民と共に狼男に向けて発砲している。
フレディがリボルバーのシリンダーを取り出すと、そこには1発だけ弾丸が残っていた。

「・・・・・・君の分と、僕の分の、ちゃんと2発あるよ」

「ウソね」

「・・・ああ。1発だけだ。 でも、だからこそ、この1発はサラを苦しめないために使いたい。それが、僕にとっても救いなんだ」

『救い』。その言葉を聞いて、サラは胸に提げたロザリオにそっと触れる。
それと同時に、サラには1つの可能性が浮かんだ。

「・・・ねえ、この地に伝わる{『金の斧』って話を知ってる?」}

「知ってるよ。知ってるけど、それがどうしたって言うんだ」

「あのお話では、泉に斧を落とした正直者の木こりは、金の斧と銀の斧を貰えるの。 その最後の弾丸を泉に投げたら、金の弾丸と一緒に{銀の弾丸}が手に入らないかしら?」

「バ、バカなことを言うなよ。あんなのおとぎ話だ」

「でも狼男はいるじゃない。狼男がいるなら、神様だっているわよ」

「たとえこの泉が伝説の泉だとして、神様がいたとしてッ、銀の弾丸が手に入ったとしてッ! 狼男に銀の弾丸が効くなんて保証は無いじゃないか・・・」

「・・・そうね。 でもね、私だってフレディだけに苦しい思いをさせるなんて嫌なのよ?」

「・・・・・・」

フレディはシリンダーを銃身に入れ直すと、サラに銃口を突き付けてこう尋ねた。



{「君は神様が本当にいると信じるかい?」}


{「信じるわ」}



サラの迷いの無い答えを聞いたフレディは、

「・・・分かった。僕も信じるよ」

そう返して、再びリボルバーからシリンダーを取り出した。

フレディはシリンダーから最後の弾丸を抜き取ると、もう一度サラの目を見た後に、弾丸を泉の中に放り込んだ。

いつ狼男がここに来るとも分からぬ中、2人は静かに神に祈った。


雲の切れ間から満月の光が差し込むと泉は光り輝き、その輝きは次第に月明かりとは呼べないほどに強くなり、そしてついに・・・{泉から女神が姿を現した。}

呆然とする2人に対し、女神は質問を投げかける。

「あなたたちが落としたのは金の弾丸? 銀の弾丸? それともこの普通の弾丸ですか?」

「・・・・・・」

「・・・・・・ハッ。フレディ、何ボーっとしてるのよ」

「あ、いや、ちょっと信じられなくて。って、それはサラもじゃないか。 ――じゃなくて! ええと、銀の・・・」

「バカ! ふ、普通の弾丸です」

「そちらの彼はともかく、貴女は正直者ですね。褒美に3つ全ての弾丸をあげましょう」

「ありがとう女神様!」

「早くしないと・・・ッ!?」


【{「アオオオオオオオオオオオン!!」}】


フレディが振り返った森の中の数十メートル向こうで、2人を見付けた狼男が勝ち誇るように遠吠えを上げた。
瞬く間に狼男の巨体が2人へと迫った。

「サラ! 早く!」

「コレよ!」

【{「グルルルルルルルアァァァ!!」}】

【「くたばれぇぇぇぇッ!!」】

乾いた破裂音を伴ってリボルバーから弾丸が放たれた。
弾丸はフレディの眼前に迫っていた狼男の眉間に命中すると、狼男を殴り飛ばすように後方へと吹き飛ばした。


森の中には火薬の残り香と静寂が広がった。


「・・・・・・た、助かった・・・」

フレディは構えていたリボルバーを下ろすと、ガックリと項垂れた。

「はい」

「なに?」

「もう1発」

「なんで?」

「さっき渡したの普通の弾丸だったわ」

【{「ッガアアアアアアアアアアァァァァァッッ!!!」}】

【{「オーーーーーーーーーーーーマイガッッッッ!!」}】



{パァンッ!}



飛び起きて再び襲い掛かって来た狼男の真っ赤な口の中に、銀の弾丸が吸い込まれた。

今度こそ狼男は雷に打たれたようにビクンと痙攣し、その巨体がフレディに降り注ぐように傾く。
サラがフレディを引っ張り倒すと、狼男の身体は2人の横を通り過ぎて泉に倒れ込み、大きな飛沫を上げて飲み込まれていった。


森は再び静寂に包まれた。


「えーっと、うん、今度こそ完全に助かったみたい」

「サ~~~ラ~~~~!」

「ご、ごめんなさい。どっちも銀色で似てたから」

「ハァァァ、君の信心深さに免じて許すよ・・・」

次の瞬間、満月に照らされた泉が再び光を放つと、女神がもう一度現れた。

唖然とする2人に対し、女神は質問を投げかける。



【「あなたたちが落としたのは金の狼男? 銀の狼男? それともこの普通の狼男ですか?」】



毛皮の品定めをさせるかのように、ぐったりとした3体の狼男を宙に並べてみせる泉の女神。

フレディとサラは顔を見合わせ、女神の方を向き直すと声を揃えて言った。



【「「金の狼男です」」】









惨劇の夜が明けても、町は騒然としていた。
無惨に殺された人々の死体が町の至る所にある。
悲鳴と嗚咽と喧騒は、太陽が高く昇っても鳴り止まない。

町中の誰もが不安に囚われていた。
「狼男はどこへ消えたのか? また現れるのか?」。そればかりが人々の関心であった。
町には眠れぬ夜が続いた。

しばらくして、詳細な記憶が薄れるにつれて、あれは毛皮を被った猟奇殺人鬼だったという説が広まり始めた。
そしていつしか、あの夜の出来事は眼前で繰り広げられた殺戮を脳が拒絶したための集団幻覚と定義付けられ、警察署の未解決事件ファイルの中で眠りに付いた。



あの夜が幻では無いことも狼男が女神によって完全に消滅させられたことも、フレディとサラと、残った金の弾丸が知っている。

The End.
良質:21票物語:5票納得感:2票
ウミコは入院中、手持ちのお金を全て使って売店のチョコレートを買い漁った。

一体なぜ?
19年04月04日 20:16
【ウミガメのスープ】 [弥七]



解説を見る
<解説>
入院生活が、こんなに退屈なものとは思わなかった。

最初の頃はお見舞いに来てくれた友達も、すっかり顔を見なくなったし、看護師さんも忙しそうにしていて構ってくれない。今では何日かに1回の母との面会しか楽しみがなくなった。

母「これで、売店に行って好きなお菓子を買っていらっしゃいな^ ^」

私のことを心配して、母は病院に来るたびにお小遣いを渡してくれた。

でも、私が欲しいのはお金じゃない、お菓子でもない。


私が本当に欲しいもの、それは…


私はもらったお金を全部使って、売店にある『ラム酒入りのチョコレート』を買い占めた。そして母に全部食べるように命令した。

ウミコ「これも、これも、これも食べてね?全部食べないと許さないんだから…え?『帰りの運転ができなくなる』って??もう!!文句言わないで全部食べるの!!...><...」

私は少しでも母に一緒にいて欲しかったのだ。

だってひとりは心細いから。寂しいから。

どうか神様、1日でも早く退院できますように。

(おしまい)

簡易解答:ひとりで入院するのが心細かった小学生のウミコは、母親に『ラム酒入りのチョコレート』を大量に食べさせることで、車の運転をできないようにさせ、面会から帰ることができないように計画した。
良質:15票トリック:2票物語:3票納得感:8票
寂しがり屋の吸血鬼の清水さん。
彼女が英語を堪能に話せるのは何故でしょうか?

質問することで内容を明らかにして、問題文を補完してください。
19年08月15日 20:59
【ウミガメのスープ】 [パネラ]

初出題です。




解説を見る
寂しがり屋の清水さんは吸血鬼。
夜行性だから、友達が欲しくても起きている時間は深夜でだから周りのみんなは寝ている時間。

だから、SNSを始めて、起きている人と交流をとることにしました。
といっても、日本人はみんな寝ていますので、日本時間で夜中の時間に昼真っ盛りのアメリカに目をつけました。

清水さんは、SNS上でアメリカ人のお友達を作るために英語を頑張って勉強しました。
鏡の亡霊「28Good」
良質:18票物語:5票納得感:5票
明け方のまだ暗いうちから働きに出るヨウコ。

その日、鏡の前に立つ時間が普段よりも短かった彼女は
息子が生きていることを強く感じた。

いったいどういうことか?

 
20年05月04日 01:26
【ウミガメのスープ】 []



解説を見る
【解答】
冬の朝、洗面台で蛇口をひねるとすぐに温かいお湯が出てきたので
引きこもりの息子がつい先ほど洗面台を利用したのだとわかった。


【解答】
息子のタロウが生まれてすぐ夫と離婚し、女手ひとつでタロウを育ててきたヨウコ。
中学生になったタロウは学校に馴染めず不登校になり、一日中部屋から出てこなくなった。
顔を見ることも言葉を交わすことも叶わず、唯一の生存確認は部屋の前に置かれた空っぽの食器だけ。
息子が心配で仕方がないが、家計のために仕事を掛け持ちして明け方から夜遅くまで働かざるをえなかった。

そんなある日のこと。
2月の朝は空気が冷たく、空はまだ真っ暗だった。
ヨウコはいつものように重い体を引きずり洗面台へと向かう。
蛇口をひねり、氷水のような冷たさを覚悟して指先で水にチョイと触れる。
するとどうだろう。
たった今蛇口をひねったばかりなのに、もうぬるま湯になっているのだ。
普段ならあと30秒、40秒と待つところを、ヨウコは何ともいえぬ気持ちで顔を洗った。温かく心地よい。
二人暮らしのこの家で、この蛇口をひねる人間は自分以外に一人しかいない。
思いがけずヨウコはタロウの息づかいを感じ、ほんのりと熱を帯びる胸で仕事へと出掛けてゆくのだった。