みんなのGood

かさかさない「35Good」
良質:15票トリック:5票物語:12票納得感:3票
ある日の下校時間。

外は土砂降りの雨。
バス停で雨宿りしている友達のカメオに、私は傘を貸さなかった。

私はこのバス停からバスに乗って帰り、降りた先には迎えの車も来るので、
ここで傘を貸しても別に困ることはないのだが…。

なぜ、カメオに傘を貸さなかった?
20年02月15日 23:00
【ウミガメのスープ】 [るょ]



解説を見る
バケツをひっくり返したような、すごい雨。
校舎の入り口でぼうっと空を見上げていると、カメオが声をかけてきた。

「傘、忘れたの?よかったら入っていく?」

傘を忘れたと勘違いされた。
私は少し迷ったが、お言葉に甘えることにした。

こんなにカメオに近づいたのは、いつぶりだろう。
幸せな時間。
だがそれも、長くは続かなかった。

突然吹いてきたビル風に、{カメオの傘は無惨にも壊されてしまった}のだ。

私達は顔を見合わせると、雨よけのあるバス停まで必死にダッシュした。
汗と雨でビショビショになった。

「雨が弱まるまで、オレはしばらくここで雨宿りするよ。また明日な!」
バスに乗り込む私に、カメオが後ろから声をかける。

私は鞄の奥に隠した折りたたみ傘をギュッと握ったまま、

【『じゃあな、風邪引くなよ。ビル風だけに。』】

とくだらないジョークを返した。

・・・
わざと相合い傘で帰ったことがバレたら、思いが伝わってしまうかも知れない。
そうなった時、あいつはまだ友達でいてくれるだろうか?

怖くて、どうしても貸してやることが出来なかったのだった。


答え:
折りたたみ傘を隠してわざと相合い傘で帰ったことがバレて、
恋心を悟られてしまうのを恐れたから。

おまけ
私の性別:{ひ・み・つ♡}(こだわり)
スタンプラリー「35Good」
良質:12票トリック:14票物語:3票納得感:6票
その日、らてらて町では恒例のスタンプラリーイベントが催された。
全てのスタンプを集めると貰える豪華景品を目当てに、毎年多くの参加者が集まっており、ユキノブもその一人だった。
いつもは景品がなくなる前にいち早くまわり終える彼だったが、今年は一つ目のスタンプだけを押して満足そうに帰ってしまった。


一体なぜだろう?
20年04月20日 22:14
【ウミガメのスープ】 [元灯台暮らし]



解説を見る
いつもは参加者としてイベントを楽しんでいたユキノブだったが、今年は友人に誘われボランティアスタッフとして手伝うことにした。
彼は一つ目のスタンプ地点を受け持ち、訪れた参加者のカードにスタンプを押していった。
例年とは逆の立場で笑顔の参加者達と接するのはなかなかに新鮮で、丸一日働いた疲れはありつつも、たまにはこういうのも悪くないなと、彼は満足げに帰路についた。
良質:15票トリック:14票物語:3票納得感:2票
ある殺人事件の裁判での出来事。

「罪人よ。そなたが何者であるか、自分の口から言うがよい。」

裁判長が命令すると、罪人は重い口を開いた。

「名はカメオ。生まれはウミガメ村…。
 今はこのラテラル市の3番地に病気の妻と娘とともに住んでいる…。
 妻の名はカメコ。娘はウミコ。ペットの猫の名は…」

他の裁判官がキョトンとする中、

「もうよい。」
発言を続けようとするのを静止し、裁判長が言う。

「そなたが罪を犯していないことはよく分かった。これは冤罪じゃ。」

・・・
さて、カメオが無罪であると判定を下した理由は何だろう?
22年01月05日 00:50
【ウミガメのスープ】 [るょ]

新・深夜の小ネタ集18




解説を見る
裁判長である私が本日裁くのは、有名な殺し屋集団のボスである。

「罪人よ。そなたが何者であるか、自分の口から言うがよい。」

言わずとも分かっている。彼の名はラテオ。
これは、罪人自身に罪の意識を背負わせるためにやる儀式なのだ。

しかし、ラテオは薄ら笑いを浮かべ、口を歪めてこう言うではないか。

「…名はカメオ。生まれはウミガメ村…。」
私の名。私の故郷。

「今はこのラテラル市の3番地に病気の妻と娘とともに住んでいる…。」」
私の今の住所、そして家族。

「妻の名はカメコ。娘はウミコ。ペットの猫の名は…」
妻と娘の名前。ペットの名前すら…!


なんて事だ。彼にはすべて調べがついているのだ。
彼のこの発言は、私に対する脅しなのだ。

妻と娘が危ない。
この男を有罪にしてはならない。

私は、裁判の公平性などかなぐり捨てて、妻と娘を助けることにしたのだった。


答え:
妻と娘を助けるため。
罪人は裁判長であるカメオの詳細なプロフィールを調べ上げ、
いつでも家族を殺せると暗に脅しを掛けていた。
しにがみの跫「34Good」
良質:15票トリック:4票物語:15票
少女が図書館でその少年に会ってから死に怯えるようになったのは何故?
22年05月14日 21:38
【ウミガメのスープ】 [るぐら]



解説を見る
余命僅かと言われても死ぬのは怖くなかった少女は病院の図書館でその少年と恋をした。
幸せを失うことは怖かった。
等身大の東京「33Good」
良質:21票トリック:7票物語:1票納得感:4票
鬼塚は、大学時代の友人たちと久しぶりに再会した。
新宿駅近くの居酒屋で乾杯を済ませた5人は、それぞれに近況を語り合った。


証券会社で営業をしている{桃田}は、今の上司が厳しいらしい。今日も定時で上がろうと思った矢先に業務を押し付けられ、死に物狂いで片付けて来たそうだ。

製薬会社でMR職に従事している{犬飼}は、午後から急遽打ち合わせのために横浜の病院に向かっていたそうだが、その足でそのまま駆け付けてくれた。

{猿渡}は、バイオリニストとして世界を飛び回る奥さんをサポートするために自動車メーカーを退職し、専業主夫をしているそうだ。今日も奥さんはイタリア公演の最中らしい。

アニメーション制作会社に勤める{木島}は、納期に追われて慢性的に残業をしているとのことだが、好きなことを仕事にできて充実感を抱いているようだった。

そして、最近子どもが産まれた{鬼塚}は、自身の勤めるIT企業で初めて男性として育児短時間勤務を申請し、ワークライフバランスの取れた生活を送っている。


さて、本会は新宿駅の構内で解散となった。
自宅に帰るために1人で電車に揺られていた鬼塚は、居酒屋での時間を思い返しながら「俺はあいつに負けていたな」との感想を抱いた。
この"あいつ"とは誰のことだろうか?

※"あいつ"が誰であるかを総当たり的に特定しようとしても構いませんが、この場合[良い質問]マークはお付けしません。
※ヒントを希望される場合は、質問欄でお伝えください。
22年02月27日 15:44
【20の扉】 [炎帝]

3/2(水) 21:30までの出題を予定しています。




解説を見る
桃田・犬飼・木島の3人がそれぞれの業務都合により遅参するとの連絡を受けた鬼塚は、猿渡と共に居酒屋に入り、0次会と称して先に飲み始めることにした。
鬼塚と猿渡を見た店員は「いらっしゃいませ。2名様ですか?」と、{2本指}を立てながら尋ねた。
これに対して鬼塚は「いえ。後から3人来るので全部で5人です」と、{5本指}を立てながら応じた。

帰路でこの場面を思い返した鬼塚は、「指が{パー}になっていた俺は{チョキ}の店員に負けていたな」と感じたのだった。

答: 居酒屋の入り口で鬼塚たちに応対し、人数を確認した店員