(今、2人いるよ)
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録

【正解を創りだすウミガメ】投票会場【第18回】

※こちらは投票会場です。本会場はこちら
https://late-late.jp/mondai/show/8936

さてさて皆さま、たくさんのご投稿、本当にありがとうございました!^ ^

年末のお忙しい中、なんと23作品もの解説文が集まりました。嬉しい!素晴らしい!!本会場でもお伝えしましたが、タイトルの前に『投票対象外』とつけて頂けますと、投稿フェーズ終了後も質問欄にて作品を載せることが可能です。まだまだ作品お待ちしておりますよ(OvO)♪
(匠・エモンガ賞にもエントリーすることは出来ません。ご了承くださいませ。)


今回、皆様にこれから投票していただきますのは、

・最も素晴らしいと思った作品
・最も組み込むのが難しかった要素
・匠賞
・エモンガ賞


の4点となります。また匠・エモンガ賞については後ほどサイト内のアンケート機能を使って集計をしたいと思います!ただいま鋭意制作中につき、少々お待ちくださいませー。
(設置完了次第、ヒント欄にて案内を掲示します。)


勿論、投票会場で匠エモンガを含んだ感想を入れてもOKです。こちらの方が投稿者さまの目に付きやすいと思いますので、推奨いたします。

今回もたくさんの感想飛びかう、そんな企画になったらいいなーと思っています^ ^「匠・エモンガって何?」というユーザーさまは、アンケート並びに投票の手順をご参照ください。


そんなわけで、投票の手順へどうぞ。


☆投票の手順
投稿期間内に作品を投稿したシェフ3票、投稿していない観戦者1票を、気に入った作品に投票してください。質問欄には
それぞれの「タイトル・票数・作者・感想」を記入お願いします。(下のテンプレートをご利用ください。)

また、「最も組み込むのが難しかった(難しそうな)要素」も1つお答えください。シェフのみなさんも今回は未使用の要素があったかと思われますが、選ぶのはどの要素でもOKです。

※匠エモンガについて

投票外だけどこの作品も投票候補だった、このフレーズや発想が気に入った・・・そんな方のためのサブ投票です。

・匠賞:要素、問題文の回収が上手い!そう思ったら1票!!いわゆるトリック・納得感イイネです。
・エモンガ賞:とにかく泣ける!笑える!エモい!そう思ったら1票!物語イイネです。

今回はアンケートでの集計になります。雰囲気を見たいかたはこちらまで。
https://late-late.jp/enquete/show/121

※投票は、1人に複数投票でも、バラバラに投票しても構いません。
※自分の作品に投票は出来ません。その分の票を棄権したとみなします。
※こちらの質問欄は闇スープに設定しております。発表まで他の人の投票を見ることはできません。
※投票締め切りまで何度でも投票内容を編集できます。

皆様の投票により、

《メイン賞》
◆最難関要素賞:最も票を集めた要素
◆最優秀作品賞:最も票数を集めた作品
◆シェチュ王:最も票数を集めたシェフ
(※次回の正解を創りだすウミガメを出題していただきます!)

《サブ賞》
◇匠賞:アンケートにて「匠」を最も多く集めた作品
◇エモンガ賞:アンケートにて「エモンガ」を最も多く集めた作品

が決定します。



☆スケジュール

◯投票フェーズ
 投票会場設置後~12/31(火)23:59まで ※予定

◯結果発表
 1/1(水)22:00 ※予定
(進行次第で、若干の変更があります。)



☆投票テンプレート例

「◯◯◯」(作・◯◯◯)に◯票
◯◯◯◯◯。
「◯◯◯」(作・◯◯◯)に◯票
◯◯◯◯◯。
「◯◯◯」(作・◯◯◯)に◯票
◯◯◯◯◯。
最も組み込むのが難しかった要素「◯◯◯」



☆エントリー要素一覧

①仮面が関係ある
②好き...?
③そのままのきみでいい
④今日は特別な日
⑤チキンを振り回す
⑥望むものは一つだけ
⑦繋いだ手は温かかった
⑧いい匂いがする
⑨ あんなこと言わなければよかった
⑩幽霊が成仏する


☆エントリー作品一覧(提出順、敬称略)

※文字の都合により、作品の題名は二重鍵括弧に統一させていただきます。ご了承ください。

①『星がひとつ』(作:きの子)
②『サンタさん、見えますか?』(作:ラピ丸)
③『ありふれた聖夜の奇跡』(作:みづ)
④『特別な日』(作:M)
⑤『聖夜に奇跡は起きない』(作:リンギ)
⑥『創り出された赤ずきん』(作:OUTIS)
⑦『素直になれない夜に』(作:白蜜)
⑧『オリオン座の下で』(作:OUTIS)
⑨『サンタさん見習い』(作:さなめ。)
⑩『初めまして、さようなら』(作:みづ)
⑪『とってつけたような奇跡』(作:きの子)
⑫『コイゴコロ』(作:靴下)
⑬『12月25日 LateralThinkingWrestling JingleHell 第8試合時間無制限1本勝負女子王座NoDQ戦 ブレイカー七海(チャンピオン) vs ビッグインシデント香織(挑戦者)』(作:シチテンバットー)
⑭『Diary of Someone』(作:かふぇ・もかろに)
⑮『サンタクロースの道具箱』(作:Hugo)
⑯『叶うなら』(作:藤井)
⑰『メリークリスマス』(作:イナさん)
⑱『ねこです。』(作:とろたく(記憶喪失))
⑲『星の別れ道』(作:ハシバミ)
⑳『答え:屋上には駐車場があるから』(作:きっとくりす)
㉑『ありのままの七海で』(作:まりむう)
㉒『最後のプレゼントと本当の願い』(作:ゲクラ)
㉓『創り出すに物語性を求めるのは間違っているのだろうか』(作:OUTIS)






…以上になります。
みなさまの愛ある投票をお待ちしております^ ^




あ、それから。

まとめもの方で、エキシビジョン作品として私の解説文作りました。よかったら見ていってね。
19年12月27日 00:10 [弥七]
【新・形式】【闇スープ】

こちらは投票用のサブ会場となります!」

新・形式
正解を創りだすウミガメ
10ブクマ
No.1[さなめ。]12月27日 15:4401月03日 00:29

作品感想

今回は作品が沢山投稿されていて、楽しかったです。と同時に羨ましいですねー。。。

【星がひとつ】(きの子さん)
トップバッターからこんな素敵な作品を書いてしまうきの子さんはやはり凄いと思います。本当に。ストーリーの本筋に関して、具体的に踏み込んだ話を混ぜて話を脱線させ逸らす、という誤魔化しを一切使うことなく、七海と「私」が当日出逢った出来事を神秘的かつ儚く、でもただの日常であるがの如く書き上げみせる。「成仏する幽霊」という要素を中心に、繊細で曇りのないのにちょっと哀しくて清々しいストーリーを見せ、主題の屋上はその想い出の象徴を担う。こうした部分が素敵な作品でした。大好きです。

【サンタさん、見えますか?】(ラピ丸さん)
サンタさんって、ジャガイモなり(私が知っているものでは)石炭なり、悪い子にも一応はプレゼントをくれるのですよね。。。屋上に死体を掲げたのは、その悪い子アピールのため。全部で二文でありながら要素の使い方もきっちりに、なかなかに個性的でかつ衝撃的な作品で、面白かったです。

【ありふれた奇跡】(みづさん)
今回も二回読んでしまいました。屋上でラブストーリーを展開するのは些か漫画みたいなお話だなぁと思っていたところでのこの作品だったので、共感もそこそこに。それと、B級映画でチキンを振り回しているのにちょっと笑ってしまったので、私は映画観客の一人です。
メタ的なお話は書くのが難しそうな印象がありますが、要素を10個しっかり使っているのも流石でした。

【特別な日】(Mさん)
問題文の回収自体には特異な点はありませんが、二人の人物としての描き方が丁寧で素敵でした。何というか、そういえば身内にもこんな子いる…のかなぁ??となるような、リアルで可愛い七海さんが物語で動いてくれて、暖かいお話だと感じました。特に最後、握った手が暖かかった、ではなく、「握り返された手が暖かかった」という表現が丁寧で、しれっと魅力的だったと思います。最後に補足するなれば、七海さんはぜーったい良い人、私もこうなりたい。

【聖夜に奇跡は起きない】(リンギさん)
真ん中の熱烈な告白の場面に、七海が初めて体感した幸せな経験を留めておきたい欲を必死に残している様が形容されていて、特にその部分が綺麗に感じました。綺麗、といっても、少し経てば消えてしまいそうな、空には持っていけなくなってしまうような、そうした経験を必死に留めている様子自体には、一種の「荒さ」を感じます。もちろん、物語として存分に良い方向に。最初に目を閉じ回想することで、最後に何でもない他の幸せを享受している姿を見せ、ひっそりと終わっていくのも素敵でした。大好きです。

【創り出された赤ずきん】(OUTISさん)
イカ…レテ…イル…。
赤ずきんの元の話をアレンジされて、とんでもないお話に豹変している印象でした。しれっとカニバリました後に、マシーンまで…。
問題文の回収はなるほど納得でした。シリーズものの良さを活かしながら、名作アレンジの奇抜さも鮮明に維持されている。素晴らしく感じました。

【素直になれない夜に】(白蜜さん)
王道の青春ラブシーンが拝めて、とっても嬉しかったです!、???
こちらも問題文の回収自体に特異なものがあるわけではなく、むしろバラバラーっと散らばった要素を集め、シェフの色を出して魅力的に仕上げています。これは元の芯がないと、中々出来ないことなのは大前提に、終わりの方の「??視点」は個性的かつとても面白かったです。そうかー、幽霊が成仏とは、こんな感じに使うんですね!、???

【オリオン座の下で】(OUTISさん)
始めより衝撃的な世界を明かし、対比するように、本来なら周縁のうちの一つに居るような姉妹を静かに描き出し、たった一つの欲望をひっそりと終らせ、物語の終焉とする。切り取られたような場面がこちらにバックを想起させ、最後にはこちらに考えを投げ、終わるように、1700字の裏に含めた要素に心を動かされました。素敵な作品だったと思います。

【サンタさん見習い】(自作)
自作とは関係しない余談ですが、今回は哀しい作品が多いですね。

【初めまして、さようなら】(みづさん)
タイトルと合わせて凄く大好きです。
大道芸人が飛ばしたチキンを貪る男は荒廃感を連想させ、七海の母親や「私」が発したであろうセリフ、それも偽りとはいえ幸せな瞬間のものの頃のセリフ、がその荒廃感を真っ黒くしていく。元々灰色に廃れていたものを、真っ黒にしてしまう進展は、心に鋭い寒気が致しました。ショーのクライマックスには、青春みたいな鮮やかさとはまた違った、裏の鮮やかさを見せ華麗に去っていくものだから、感じてはならない爽快感すら些細に感じさせるような、不思議な物語だと思いました。気分は必死に落ち着かせて頑張って書いてましたが、つまりは整然として狂った素晴らしさ、私はすごいめっちゃすごく大好きです!

【とってつけたような奇跡】(きの子さん)
チキンの振り回し方が郡を抜いて納得できました。日常に潜んださりげないチキンの振り回しが見られて、お見事!っと思っていました。
ストーリーは際限なくはしゃいでいて、読んでいて楽しかったです。
あ、逆らったらしぬ。は本当にめっちゃ笑いました。

【コイゴコロ】(靴下さん)
…本当に申し訳ないのですが、このお話のメインテーマについて、あまり積極的に言及したくない想いが勝っておりますので、感想は周辺のものだけです。すみません。
靴下さんのこの作品で特に素晴らしいと感じたのは、まずはチキンの振り回し方です。こちらもきの子さんのものに負けない自然で納得感のある振り回し方でした。
そして、もうひとつは主人公を中心とした視点の推移です。これの何が凄いかというと、主人公の見る景色の移り変わりだけで、鮮明に物語を際立たせることができている点です。
…靴下さん作品のこうした、主人公の見る時系列の通りであり、かつそれを部分的に切り取ることでゆったりとしながらだらだらとはしない物語を書く手法にはいつも、今回のものにも憧れているのですが、ラストも見るに、私、即ちさなめ。としてあまり軽率にこの物語の本筋に触れたくはないな、とも思っています。人が殺される作品にもしっかりコメントしながら、特定の話題を理由に感想を狭めてしまって、本当にごめんなさい。

【12月25日……香織(挑戦者)】(シチテンバットーさん)
プロレスはあまり存じませんが、屋上から落としちゃうなんて、随分と派手な戦いですね。…注目するところがおかしい気もしますが。
チキンや屋上、つまり問題文、を合わせて、プロレスの荒々しく勇猛な雰囲気を表出させつつ、背後にプロレスラー七海の葛藤というか、悩みを重ね合わせ物語を構築していくという構成はとても斬新で面白かったです。

【Diary of someone】(かふぇ・もかろにさん)
日記形式というだけで執筆ハードルはぐんと高くなるのに、回収、解決のパートがこれ以上なくメタ的なものだったので、衝撃的でした。要素を反映させた日常を対比させて、行き着く先が「創りだす」なのは面白かったです。

【サンタクロースの道具箱】(Hugoさん)
色んな日常的要素があまりにも雑然と並んでいるのには少し違和感を覚えましたが、主人公の人生の一部を切り取る形が成功しているので、新しい物語の書き方を見るようでした。
ストーリーについては、先のものと同様に言及を控えさせて頂きます、本当にごめんなさい。

【叶うなら】(藤井さん)
本物の方と雰囲気の方と、二人の6歳児の人間味溢れる動きや言動をここまで丁寧に描写されておられるのももちろんお見事ですし、何よりストーリーの構成が本当に好きです。弘崎のおじさんが冗談で放ったチキン振り回しアピールに、切なく光る物語を載せるのは本当にエモーショナルで、素敵でした。藤井さんの作品は、個人的には、ある事象に物語を賦与されるまでの過程や、その結果を描くのが緻密で丁寧な印象で、この作品もまたそういった印象を受けました。大好きです。

【メリークリスマス】(イナさん様)
前回イナさんへと感想が送れなかった反動で、イナさんが作品をご投稿されているのを見て嬉しくて跳ね回ってタンスの角に小指ぶつけたことを抜きにしても、この作品は素晴らしく感じました。
この作品の魅力は、何といっても「一作品で裏切ること」だと思います。例えるならば、透き通った綺麗なガラスがそこにあって、思わず触れてみると、小さく、ヒビがいくつか入り始め、そのあと思わぬ速さで割れていくような。何が言いたいかといいますと良い意味で、物語始めの暖かい雰囲気はどこにいったの?ということです。物語初頭では家出した七海を寛容に受け入れ、優しい言葉を掛けていたお姉さんの、後の言葉の端々に見られる黒い雰囲気を徐々に表出させ、終いには、見方に依っては少し優しくも、極限に狂気的な闇を含むラストに繋げていく。また、その闇の表出への衝撃が去ってしまう前に、ラストにもの哀しい、しかし恐怖感ある付け加えを行い、エンド。問題文の回収も手を抜かれることが全くなく、闇を徹底的にスパイスとしてプラスされていて、今回もがっつり衝撃的でした。素敵な作品で、大好きです。

【ねこです。】(とろたくさん(記憶喪失))
その短さを、彼が手にしている…!!
読解力の不足から、もしかするとストーリーの内容を私自身がよくわかっていないかも知れませんが、問題文の七海と彼女が異なるのは面白かったです。あと、ナァーナァーミィーっと鳴くねこが可愛かったです。

【星の別れ道】(ハシバミさん)
ゲーム内の人物という設定に添い、主人公の七海の語り、一人称が一般のものよりも緩く、子供っぽくされているのが面白く、また丁寧な計らいだなぁと思いました。

【答え:屋上には駐車場があるから】(きっとくりすさん)
「私」にはわかる、生まれ変わり…!という表現が面白く感じました。聖夜の回収もちょこっとのロマンチックを含んだ、残りはとても不思議な、こちらも読む側に色々想像させてくれる物語だと思いました。もしくは、きっとくりすさんの頭の中にある世界を、私たちが538文字分だけ覗いてみたような。奇怪すぎるのに綺麗で素敵なお話で、新鮮でした。

【ありのままの七海で】(まりむうさん)
七海しか知らなかった父親の死の話に、カメオしか知らなかった霊が見える話。のように、問題文の一人称視点を守りつつもそうした意外な事実を明かして探求していく「読者視点」が自然と出来上がっていて、読んでいて楽しかったです。お父さんが未練を果たして成仏できて良かった。

【最後のプレゼントと本当の願い】(ゲクラさん)
クライマックスの一歩手前で明かされる「私」の存在の意味というのが、物語の設定としては面白かったです。最後の悪魔の水を差すような独り言は、それでもやっぱり悪魔に魂を捧げるほどの覚悟をもって未練を果たした七海を対照的に輝かせているのが良いなと思いました。というより、頬っ面バコーンってしたくなるような、悪魔の異常までに憎たらしい言葉を、私が掻き消したいだけなのかも知れません。。。
それと、あと一つだけ叫んでも良いですか?耳、塞いでおいて下さいね。
「ごめんなさい名前被っちゃったよ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛お゛」(本気モード)
今回も自作の主人公の名前はしっかり考えて付けましたので、どうかお許し下さい。悔しい。

【創り出すに物語性を求めるのは間違っているのだろうか】(OUTISさん)
こんな親父さん、一家に一台欲しいです。世界が平和になると思います。

【おそいこぐみのななみちゃん】(弥七さん)
噂の猫風船をこんなところで初目撃できましたー!
ちょっと悲しげな進展をさせつつ、最後に不思議な力をお借りして、神秘的で暖かいピークが登場する、という子供の絵本のような綺麗な物語でした。ハッピーエンド狂さまの力はやはり凄いなと思います。みづさん先生の一番カッコいいお言葉を、耳元で囁く形にしてあるのも凄くロマンチックで素晴らしく感じました。
人物でいえば、ヤタローがもう私の子供時代の権化のように勝手に見えてきて、こやつには将来良い人間になって欲しいな、と思っていました。

※今回の感想は、諸事情により全レスでありながら少しの黙秘を含んでしまいました。ごめんなさい。
特にその部分(また、そこ以外でも)に関して、高圧的というか、偉そうな物言いになってしまったことは自覚しております。感想を読んで頂いた方を不快にさせてしまったとしたら、本当にすみません。
逆に、私の感想を読んで喜んで頂けたとしたら、この上なく嬉しいです。

要素感想

①仮面は関係する
この前選出された時もでしたが、難しかったです。謎めいた存在に仮面を与える皆様の回収を真似してみたくなりました。

②好き…?
疑問形。色んなギモンが拝めて楽しかったです。

③そのままのきみでいい
これは絶対、黄身で使ってみたい!と思い、実際にそれで使いました。というより、この要素だけこっそり二回回収してます。

④今日は特別
聖夜、と問題文にありながら、至極当たり前なこの要素をどのように使われるのかが気になって質問してみました。作品の中には、素直な回収から、少し変化球まで。

⑤チキンを振り回す
特にきの子さんの二作目、靴下さんの作品、の回収が納得でした。私の作品のは、ちょーっとムリヤリすぎました…。

⑥望むものは一つだけ
その一つに何を託すんだー!って盛り上がれる、エモンガ要素でした。

⑦繋いだ手は温かかった
好き…?、そのままのきみでいい、望むものは一つだけ、繋いだ手は温かかった…。ラブラブラブストーリーに誘惑されているような気持ちになりました。

⑧いい匂いがする
始めは美味しいものしか思い浮かびませんでしたが、香水や血の匂いなど、多様な匂いがあってなるほどーと思いました。

⑨あんなこと言わなければ良かった
幸せ要素の中にひっそりと、後悔を連想させる要素があったので、そこに悩みました。

⑩幽霊が成仏する
幽霊の登場前提で、しかも成仏。喩えとしても出しづらく、幽霊にまつわるストーリーを少し見せないと中々回収が難しい。この要素が一番難しかったです。もちろん、チキンも難しかった。

※問題文
「私」、という言葉一つで、語り手、つまり視点と一人称が確定されるのが何より辛かったです。聖夜と屋上、という二つの鍵はあれど、「〇〇だったので〇〇だった」のような、行動の流れではなく、物語の一場面を切り取ったような文面は、エモンガであり、しかしオリジナリティーが試される難しい問題文だったと思っています。


作品投票

「星がひとつ」(きの子さん)
「初めまして、さようなら」(みづさん)
「メリークリスマス」(イナさん様)

に一票ずつでお願い致します!


要素投票

⑩ 「幽霊が成仏する」

に一票でお願い致します!

(総字数6049字。) [編集済]

作品:1・10・17
要素:10

承りました!
[良い質問]

No.2[Hugo]12月28日 03:3401月03日 00:29

作品:
⑤『聖夜に奇跡は起きない』(作:リンギ)に一票
⑫『コイゴコロ』(作:靴下)に一票
⑯『叶うなら』(作:藤井)に一票

要素:
⑤チキンを振り回す

感想:
*今回、特に好きな作品についてのみ書くことといたしました。非礼をお許しください。
*今回も好き勝手に書きます。本当にごめんなさい、、

①『星がひとつ』(作:きの子)
「すぐに行きたい」
「すぐには 来 る な」
これ好きです。尊い。まさに阿吽の呼吸、死んでもずっといちゃいちゃしててください。二人の関係性とか、死んだこととかの描写が必要最低限に抑えられてて、純粋に二人の会話を楽しめました。ラストで心臓を貫きに来る隙のない構えに案の定魂を取られました。最初の投稿であって要素の使い方も自然だったので素直にすごいなと思いました。ありがとうございました!

⑤『聖夜に奇跡は起きない』(作:リンギ)
チキン振り回してるのになにもシュールになってないのすごない、、?と感動を覚え、そこからどんどん引き込まれました。そして切ねぇ、、とにかく切ねぇです。もう違う人と結ばれて幸せになっているはずなのに。だめだ思い出すと泣ける。「大人になるにつれて子供のころ大切だったものに妥協し始め、しかし心のどこかで未練が」というのが通常のパターンだと認識しているのですが、この作品ではむしろ子供のころの決断をとても大事にしながらも、だからこそ現実に妥協したのだと読み取れます。そして死後の世界に本心を託す、不思議な対比のきいたMaxエモい作品でした。画面をスクロールしていくなかで、あまりのエモさに吐きそうになった第一の山です。本当にありがとうございました!

⑫『コイゴコロ』(作:靴下)
へへ、百合だぁ(失神)。二つ目の峠がきちまった。僕は百合に関してシリアスバッドエンド派閥に属している過激派のしたっぱなのでぶっ刺さりました。重力に身を任せた瞬間、彼女たちはつかの間の自由を手に入れることができたのでしょうか。はあ好き。票数制限がなかったら無限に投票したいくらいの作品でした。つら。この作品の世界線で妄想したくなりました。まともな感想が浮かびませんが、今回の創り出すで一番好きです。問題文回収もきれいだし。最高。ありがとうございました!

⑬『12月25日 LateralThinkingWrestling JingleHell 第8試合時間無制限1本勝負女子王座NoDQ戦 ブレイカー七海(チャンピオン) vs ビッグインシデント香織(挑戦者)』(作:シチテンバットー)
何を言っているかほとんど分かりませんでしたが、めっちゃ面白かったです。布団にくるまりながら笑い転げました。
『嘘だろ!?死んじゃうよ!?』
がもう本当にきました。ありがとうございました!

⑯『叶うなら』(作:藤井)
霊峰フジイ。え、いまからでも入れる保険があるんですか?(致死量の悲しみ)
河合さんなんでしんじゃったんですか。サンタさんは欲しいものならなんでもくれるんじゃないんですか。
・・・◆ 2015.12.24 ◆・・・
↑こいつがやって来るまで幸せだったのに。藤井さんの作品にはいつも泣かされます。読みたくないなあ、と思いながらついつい読んじゃって取り返しのつかないことに。
藤井さんにとっては今更かもしれませんが、やっぱり要素も問題文もスムーズに導入されていて、物語に集中できました。ぜんぶすごい(語彙力)。ありがとうございました!

⑱『ねこです。』(作:とろたく(記憶喪失))
猫可愛いです。。。ありがとうございました! [編集済]

作品:5・12・16
要素:5

承りました!
[良い質問]

No.3[みづ]12月31日 11:3301月03日 00:29

【本投票】(敬称略)

⑥『創り出された赤ずきん』(作:OUTIS)に1票。

創り出されたシリーズ(と呼んで良いのでしょうか)の中でも、かなりカオス展開?と生唾を飲み込みました。
赤ずきんがカニバりますか…?エモンガです。
独特な世界観と要素の使い方は、毎回上手いなぁと思っています。匠!

⑯『叶うなら』(作:藤井)に1票。

登場人物の作り込みがすごい。匠です。思わず唸る納得感。河合家可愛い。エモンガ。
サンタさんへの願い事を子どもと同じテンションで楽しめる大人って素敵。
でも…、何でえぇ、河合さぁん(泣)
色んな後悔や将来のこと。これから弘崎さんと七海ちゃんがどうなるのか…。

⑲『星の別れ道』(作:ハシバミ)に1票。

はい、こういうの大好きです!
>の使い方、匠すぎます。こんな使い方あるの…?
解説としても(あまりちゃんと乙女ゲームしたことないけど)納得感がすごい。
攻略方法って複雑なんですね!
しかしほんと、思わず唸ってしまった…面白かったです。
選択肢で結末が変わるものを題材にしたハシバミさんの脳力に匠エモンガ!

【もっとも組み込むのが難しかった要素】

⑩幽霊が成仏する

次点は⑨のあんなこと言わなければよかった、と⑥望むものは一つだけかなぁと。この3つが特に難しかったです。

エモンガ、匠に関してはアンケにて回答しておきます。
悩みに悩んで本投票3作品を選びました。
ちょっとあまり時間が取れず、感想が本投票作品のみになってしまいましたが、どの作品も素晴らしかったと思います(読んでて楽しかったー)

最後に弥七さん、開催ありがとうございました!
集計も頑張ってください(^^) [編集済]

作品:6・16・19
要素:10

承りました!
[良い質問]

No.4[キャノー]12月31日 13:5201月03日 00:29

⑩「初めまして、さようなら」(作:みづ)に1票。


お題問題文にあった屋上を上手く利用された良い作品。上に立つ者が誰かを突き落とすのは必然的流れ。
それにしても、余計な事を語らず、必要最低限の情報だけで演出する復讐物って結構好きなんです。そういう意味で匠とエモンガ。
どれに投票しようか迷いましたが、これは匠とエモンガの両方を感じさせて、かつお題問題文をしっかりと活かしているこの正解に致しました。
後、後述するカオスチキンを「大道芸人」として上手く扱われていたところも上手かった。私の中では、圧倒的に優勝です!


最も組み込むのが難しいと思われる要素「⑤チキンを振り回す」


気が狂っとる。食べ物を無駄にするなとPTAから苦情が入りそうな要素です。
他の要素がマトモなのに、これだけ異才を放っているんだもの、どうやってチキンを扱えというのでしょうか?
なお元凶のシチテンバットーさんは、滅茶苦茶幸せそうな使い方をしていたので大爆笑しました。

_____


①『星がひとつ』(作:きの子)


七海を死なせた語り手には、最後まで生きろという願いか呪いをかけられました。
語り手にとって、それは幸せかどうか…生死の境を一時的にも超えるとは、こういう事なのかもしれません。


②『サンタさん、見えますか?』(作:ラピ丸)


猟奇的すぎるが故に、挑戦的で芸術的な作品に仕上がっていらっしゃる。
一切の感情的な描写を省いている所が、冷たく恐ろしく、そして事実だけを突きつける異様な作品として、魔力を放っているかのように感じました。


③『ありふれた聖夜の奇跡』(作:みづ)


真面目に努力する者のために、睡眠中の人間を横に小人が仕事を肩代わりするとか何とか。その手の話かもしれません。
わざわざ作中作ENDを実施している当たり、この奇跡を起こしたのは、作中の二人だったりして。そこを考えるのも野暮かもしれませんが。


④『特別な日』(作:M)


まさかマトモな話で仕上げられるとは…これにお題があったなんて、にわかには信じられませんね。
そういう素敵な日にエモンガを。


⑤『聖夜に奇跡は起きない』(作:リンギ)


そりゃぁ死に逝く人からすれば、生きていく人に重荷を背負って欲しくはないでしょうね。もっとも、それが男にとって幸せとなったのかは分かりませんが。
クリスマスと対比して七夕的発想を持ち込まれた事には驚きつつも、男の発想を的確に表された匠な作品だったと思います。


⑥『創り出された赤ずきん』(作:OUTIS)


いつものしりーず。
どういうことやねん。非常にコメントに困るし、安易に何かをいうのも憚られる。


⑦『素直になれない夜に』(作:白蜜)


とりあえず、お前誰だよ。ステレオタイプ陰キャが幽霊になって拗らせると、こういう事になるのか…
わざわざ「七海視点」と強調したり、タイトルが七海と例の幽霊の両方に掛かっていたと気づいた時、細部にまで匠的な技巧が凝らされていると驚かされました。
後、純粋に物語として楽しく読ませていただきました。


⑧『オリオン座の下で』(作:OUTIS)


世界観が思った以上にエモンガだった。死んだ世界で絶望しか無い状況に、どうやって登場人物達の心に光を当てられるのでしょうか?
OUTISさんにしかできない表現が、この作品には詰められているのではないでしょうか。


⑨『サンタさん見習い』(作:さなめ。)


屋上に行く理由がかなりシックリとした作品でした。上に立つ者が下に降りるのは必然的流れ。
それにしても、許可を貰っているとはいえ煙突から侵入するとは、圧倒的不審者…この家に忍び込む予定の不審者は、サンタの恰好をすれば怪しまれないのでは…





⑪『とってつけたような奇跡』(作:きの子)


びっくりするほどユートピアを知らない方は、絶対に調べないで良いです。そのままのきみでいい。
駄目な大人と対比できるって相当ヤバいぞ…七海さんは今後付き合っていく大人を選ぶように。


⑫『コイゴコロ』(作:靴下)


ギリギリ5000字って結構スリルありますね。まさか叙述トリックが仕込まれていたとは。
しかし、展開を上げておいてのバッドエンドとは…「逆エモンガ」を狙うかのような構図は実に挑戦的でしたね。逆エモンガ部門があったら優勝だと思います。


⑬『12月25日 LateralThinkingWrestling JingleHell 第8試合時間無制限1本勝負女子王座NoDQ戦 ブレイカー七海(チャンピオン) vs ビッグインシデント香織(挑戦者)』(作:シチテンバットー)


タイトルだけで「あぁ…ギャグなんだな」と確信できる非常に心強い作品。始終笑わされてしまったのでエモンガをお送りいたします。
でもさ、あえて、あえて1つ言わせていただきたい。タイトル長えよ!投票会場やアンケートで明らかに異質な雰囲気を放っちゃってるじゃん!それを狙ってやってそうだから凄いのだけれども!


⑭『Diary of Someone』(作:かふぇ・もかろに)


らてらてますか?その時に貴方に伝わるようなサプライズを貴方に。
ただね、ネットユーザーと現実の人が同一人物だとは限らないのだよ?実名で登録しているのならば、物凄い度胸だ。


⑮『サンタクロースの道具箱』(作:Hugo)


運命のキスと見るか、それとも性犯罪の後に逃げ出したクズか。
こういうのが許される世界って理不尽だよねー。それとも非リアの僻みでしょうか?


⑯『叶うなら』(作:藤井)


知識の無い子供に思いつきのホラを吹けば、子供がそれを妄信するのは分かりきっているだろうに。それもなお真実を言えないのだから、身勝手極まりない。
数年後に弘崎が罵倒される光景が簡単に目に浮かびます。刺されなきゃいいけど。


⑰『メリークリスマス』(作:イナさん)


はい、これは間違いなくゴミのような人。今創りだすにおいて一番の邪悪な登場人物だったと思います。
それにしても、娘は娘で虐待を受けていたのかね…やっぱゴミだわ。
でも、中途半端なバッドエンドじゃなくて徹底されたバッドにする事で、清々しいものを読者に与えますね。この構成と文章は匠技。


⑱『ねこです。』(作:とろたく(記憶喪失))


よろしくおねがいします。
シンプル!まさか本分と解説が同程度になるというか、解説の釈明の方が面白い気がするのは気のせいでしょうか。


⑲『星の別れ道』(作:ハシバミ)


最初に簡易解説を持ってきて、その意味を考察させる素敵な構図に匠票。
メタ的な視点でゲームだと気づかされた時は爽快でした。文章だからこそできる作中作って素敵です。


⑳『答え:屋上には駐車場があるから』(作:きっとくりす)

私には分かるじゃないんですよ…こういうタイプの狂人って、裁判で持論を叫びながら訴えるタイプでしょ。
真に恐ろしいのは、子供は大人に対して体も心も抵抗出来ない事。
本当に頭のおかしい大人は存在するので、保護者役の人が常に子供を守らなければならない世になってしまったのです。


㉑『ありのままの七海で』(作:まりむう)


これはアレだ。別に悪い意味で言っている訳ではなく誉め言葉ですが、無双系主人公の香りがしました。
ご都合主義展開やそれっぽい文体がまさにチートの雰囲気を漂わせます。
この七海は間違いなく幸せになれるし、この後2人で霊感を利用して難事件に立ち向かう未来が想像できたのでエモンガ。


㉒『最後のプレゼントと本当の願い』(作:ゲクラ)


サタンでもいいとか私はどうなってもいいとか言っちゃうから…現実の七海は遂に自殺に成功した、ただそれだけの事なのでしょう。
春香は絶望して自殺した、その原因を作った七海は、生き地獄を味わって偽りの希望に縋って死んだ。これぞ徹底された美しい胸糞話であった。エモンガです。


㉓『創り出すに物語性を求めるのは間違っているのだろうか』(作:OUTIS)


ラストは綺麗に〆!OUTISさんは短文も長文も両方とも行けるから凄いとしか言いようがないです。
屋上→手をつなぐという発想に匠です。


【劇団ココナッツ🌴】『おそいこぐみのななみちゃん』


正直に申し上げると、弥七さんの読み方が「やしち」だった事を初めて知ったのです…。
登場人物がらてらてユーザーだった時は、ズルいと思いながらも笑いをこらえ切れませんでしたwこういうのに私は弱いですね。
そしてヌルっと当たり前のように現れる猫風船。とうとう創りだすにも乱入してきたか…これからのご活躍に期待しております。

全ての要素を使って5000文字ギリギリとは…中々やりおる。
正直、匠エモンガも合わせてこれに票を投じたいと思うのですが、ルールがそれをさせてくれないのです!!

作品:10
要素:5

承りました!
[良い質問]

No.5[靴下]12月31日 15:5901月03日 00:29

取り急ぎ投票を。

⑨サンタさん見習い(さなめ。さん作)
⑮サンタクロースの道具箱(Hugoさん作)
⑲星の別れ道(ハシバミさん作)
に1票ずつ

⑤チキンを振り回す

でお願いします!

以下、略感想です(すみません…)

⑨1回よんだだけで、えもいわれぬ"エモンガ"を感じてしまいました。1巡終わるまえだったのですが、この作品は本投票入れよう、と即決してしまいました。それくらい好きです。好き…?②じゃないです。

⑮扱っている題材は「女性同士の恋愛」ということで、私の作品と似ているのですが、さすがはHugoさん、ちゃんと文章が洗練されていて、とても読みやすかったです。喩えるなら、きちんとクリーニングに出して、のり付けまでしてもらったワイシャツのよう。もともとHugoさんの創りだす作品は大好きなのですが、今回も例外なく心を掴まれました。

⑲全体を通じて"匠"を感じました。もちろんエモもしっかり伝わってくるのですが、自分には到底創れなそうな創り方だなぁと感じて、脱帽です。読んでいて楽しかったです。

時間がないのでこの辺りで失礼します><
[編集済]

作品:9・15・19
要素:5

承りました!
[良い質問]

No.6[きっとくりす]12月31日 18:1501月03日 00:29

本投票
⑲『星の別れ道』(作:ハシバミさん)に一票
フラグが立ったからというのがとてもおもしろいと思いました!匠・エモンガにも入れます!

⑯『叶うなら』(作:藤井さん)に一票
チキンの振り回しかたがうまいと思いました。匠にも入れます!

⑨『サンタさん見習い』(作:さなめ。さん)に一票
サンタとして侵入してもらうためという理由がよいなと思いました。

上記以外でエモンガ匠

エモンガ
⑧『オリオン座の下で』(作:OUTISさん)
急に氷河期が来た!みたいな設定とクリスマスがうまくかみあってよいと思いました。

㉒『最後のプレゼントと本当の願い』(作:ゲクラ)
ハッピーエンドかとおもいきやダークなおわりが好きです。


⑱『ねこです。』(作:とろたく(記憶喪失))
外から手を掴んで屋上に引っ張りあげるというのがおもしろいと思いました。

最も組み込むのが難しかった要素
⑤チキンを振り回す

作品:9・16・19
要素:5

承りました!
[良い質問]

No.7[ハシバミ]12月31日 19:1401月03日 00:29

【作品】
②『サンタさん、見えますか?』(作:ラピ丸) に1票
要素③の使い方が、そうきたかと唸りました。
必要最低限の解説ながら物語を感じます。
これならば確かに「手を引いて屋上へ連れ出す」ことになりますし、問題文にはっきりと示されている「七海」「彼女」に意味がないところも水平思考らしいと感じました。

⑨『サンタさん見習い』(作:さなめ。) に1票
登場人物みなが優しくて、暖かい気持ちになりました。
屋上=サンタはド直球ながらかえって珍しく思いました。
とりあえず攻撃する男の子の様子がはっきりと想像できて面白かったです。

⑯『叶うなら』(作:藤井) に1票
チキンを振り回すのがネタではなく真剣なものになるのも、同じ言葉で温度が変わるのも、なんというかもうずるいです。

【要素】
③そのままのきみでいい
上手く流れに落とし込むのが難しいフレーズでした。
物理的な「そのままのきみ」として使っている作品も多く、面白いと思いました。

字数制限が緩くなったのをこれ幸いと、大いに遊ばせていただきました。
ただ乙女ゲームは片手で足りる程度にかつだいぶ前にやったきりなので、合っているのかだいぶ不安ですが……。
字数が増えた分、物語性のある作品も多くなりましたが、短い中にも深い物語が想像させられる解説もあり、とても面白かったです。 [編集済]

作品:2・9・16
要素:3

承りました!
[良い質問]

No.8[とろたく(記憶喪失)]12月31日 21:2601月03日 00:29

〇投票先
⑩幽霊が成仏する

②『サンタさん、見えますか?』(作:ラピ丸)
⑧『オリオン座の下で』(作:OUTIS)
⑲『星の別れ道』(作:ハシバミ)



〇作品感想
・きの子さん
「星がひとつ」:じんわり。主人公の後悔からほの暗い雰囲気を残しつつ、あったかい気持ちにさせてくれてちょっと心が救われたような気分になります。おじいちゃんになった主人公と七海が、天国で幸せでありますように。ひとつの星のように、リングが煌めく光景が思い起こされました。

「とってつけたような奇跡」:幽霊さん涙目。クリスマスなんだからとちょっとムフフ♡なことを期待したのに見たのはどちらかというとムホホ♂なので同情するしかない。男二人にびっくりするほどユートピアされた時の幽霊の気持ちも考えてあげてください。好きです、このノリ。


・ラピ丸さん
「サンタさん、見えますか?」:強い。手を引く(物理)だったわけですね。しかも食料をもらうためにあえて悪い子だと思わせる。優勝。お前何歳なんだと思いたくなるけど、とりあえず彼の姿はサンタさんに見つかる前に警察に発見されてそうです。あと弥七さんの感想も好き。一票投じます。

「クリスマス」:フフッwwwww ・・・失礼、ちょっと気持ち悪めの笑い声が出てしまいました。
ラピ丸さんがイキイキしてる。ネタもおもしろい。言い回しといい、なぜか笑い飯かパンクブーブーっぽいボイス付きで再生される。好きです。そしてアクの強い料理をここまで爆笑要素に帰るのはひとえにラピ丸さんの手腕です。いやあ、無責任に投稿を促しといてよかったです。←


・みづさん
「ありふれた聖夜の奇跡」:おお……! 素敵だ。作中の人物が文字の上で演じながらも本当はこう思っているよ、というのは意外とありそうでなかったかも。登場人物が文字通り、いや文字を超えて意志を持って勝手に動き出したという終わり方が好きです。去年の12月もB級作品の話書いてましたけど、みづさんB級作品好きなんでしょうか。でしたらオススメのB級作品教えてください。ジャンルは問いませんができれば映画でみれるやつがいいです← あとみづさんソムリエの感想がちゃんとソムリエ。

「初めまして、さようなら」:なんてかっこいい復讐劇なんだ。かっこいいという言葉は内容には相応しくないかもしれませんが、私はそう思わざるを得ませんでした。なんたって、映画のシーンのように作中の情景が思い浮かぶのですから。まさに弥七さんの問題文を映画のシーンとして書き上げた良作です。③の使い方は第15回を思い出します。


・Mさん
「特別な日」:しゅきぃ。弥七さんもおっしゃってましたが、今回の中でもっとも問題文から思い浮かぶ情景を見事に描いていると思います。やりとりも独特の親しさが感じられてイイ。突飛な発想なんてなくてもいいんです。それが創りだすのいいところ。リア充末永く結婚しろ。……いや、もうしてたわ。かわいい。きゅんきゅんする。しゅきぃ。(二度目)


・リンギさん
「聖夜に奇跡は起きない」:はぁ~あ……切ない……(クソデカ溜息)
奇跡が起きないと思っていながらも、それでも奇跡を思わずにはいられない。七海とは別に大事な人ができたとしても、今の生活が幸せでも、やっぱり忘れられない思い人がいて。
主人公と七海の関係を織姫と彦星として形容し、記憶の中で会いに行くというのもぐっときます。ぐっときすぎてグッドデザイン賞です。ありがとう。


・OUTISさん
「創り出された赤ずきん」:どうも、前回のかぐや姫も履修し、七海の異常な食欲……さては今までの主人公の共通点は……!? と恐らく外れている予想をしながら楽しみつつ主催したら無茶ぶりするタイプのシリーズファンです。外していてもそれはそれで楽しい。相変わらずOUTISさんの血の気の引く描写が好きです。肉も鉄も貪り食べちゃう……。
シリーズを通してみると、だんだん核心に迫っていくのが楽しいですね。話自体もそれぞれ独立しているので、前の話を知らなくても楽しめる仕様。ほんとに勉強になってます。

「オリオン座の下で」:一緒に星空を見て、永遠の眠りにつく。バッドエンドはバッドエンドなのですが、一緒に寄り添いながら眠れただけでもふたりにとっては幸せだったのかもしれません。七海のことを思って「嫌い」と言ってしまったことにも胸がきゅうっと締め付けられますが、屋上に連れて行った理由もまた、いい。本当に終わり方が綺麗で、バッドエンドなのに大好きです。次のOUTISさんの作品も好きなんですが、迷った末にこちらに票を入れさせていただきます。

「創り出すに物語性を求めるのは間違っているのだろうか」:A,間違ってません。
こちらはすっきりとまとめられ、雪かきという最適解を編み出しているのでこちらも素晴らしい。でも短い解説寄りの作品ながら、物語が感じられてとてもいいです。物語系スープを見ているよう。出題してほしいですね。ていうか出題してください。物語を大幅に書き加えて。(軽率に言っていくスタイル)


・白蜜さん
「素直になれない夜に」:によによしちゃった。いるはずのない私の背後霊も成仏する勢いでした。もしかしたら、男は素直になれない呪いをかけていたのかもしれませんが、このカップルには逆効果だったようです。
知ってるか、ツンツンな子と鈍感の組み合わせが最も尊いということに。(※あくまで個人の意見です)いいもん見させてもらいました。


・さなめ。さん
「サンタさん見習い」:ほっこり~。親目線のお話ってほんとにいいですよね。また、プレゼントを子どもたちだけでなく七海さんのぶんも用意するという粋なサプライズも添えていく。七海さんの親も共働きですから、充実したクリスマスを過ごせたのではないでしょうか。
その砂の落ちない砂時計も、大事にしてほしいですね。……次回の贈り物はデイジーの花畑でもいいのよ? きっと喜ぶから。私という読者が。(?)


・靴下さん
「コイゴコロ」:百合は私にとっての鳩尾みたいなもんなのでそういう作品が打ちこまれた時点で私は瀕死になります。ここテストに出ます。(?)
できれば百合のまま幸せになって欲しかったけど、現実ではそうはいかない。本当にこういう人たちがいっぱいいるのだろうな、と思うともうやるせなくてやるせなくて仕方ない。この二人のためにも行きやすい世の中になってほしいと思うような、そんな作品です。
しかしよく4999字に収められたな。私だったら1万でも足りんぞ。ニーハイさんの本気、御見それしました。


・シチテンバットーさん
「12月25日 LateralThinkingWrestling JingleHell 第8試合時間無制限1本勝負女子王座NoDQ戦 ブレイカー七海(チャンピオン) vs ビッグインシデント香織(挑戦者)」:弥七さんがこのタイトルをちゃんと載せてて笑いました。投票会場でタイトルを見た時には「なんて?」としか言えませんでしたが、ちゃんと文字通りプロレスしてますね(感覚麻痺)。次回の『新年だヨ!全員闘争-子年なのでトムとジェリーの喧嘩みたいな試合してみたスペシャル-』も気になって仕方ありません。
あと入場パフォーマンスが何回読んでもツボに入りすぎてやばい。なんだよチキンに花束て。チキンの振り回し方選手権は確実に優勝でしょう。香織選手の殺意MAX加減も好きです。いいぞもっとやれ。そして幽霊そこで回収すんのかい。いい母親だ。(感覚麻痺)もう突っ込みたいこといっぱいある。めちゃくちゃ笑いました。投票先候補でした。


・かふぇ・もかろにさん
「Diary of Someone」:日記形式! システムを利用し、問題文の状況を再現するために実行し、その実行記録を作品とする。まさに創りだすでしか書けないものだと思います。ちょっとメタっぽいのが、とても新鮮ですね。この発想はなかった。


・Hugoさん
「サンタクロースの道具箱」:ングッッ百合ッッッッ!!!!(喉仏クリティカルヒット)
七海のついしてしまったことに対してもだもだと考え込んでいる姿もイイですが、悠衣ちゃんの言動もいちいちかわいい。東京に行っても自分のこと覚えてほしいて。もう告れよ。告ったけど。ふたりの性格や関係性が総合してグッときたのでグッドデザイン賞です。
二人とも卒業して離れ離れになるということにも仰げば尊死しました。(?) 定期的に連絡取って幸せであれ。


・藤井さん
「叶うなら」:直接的な表現がない、というのが非常に心打つものがあります。弘崎と七海、事実を知っているものと知らないものとの対比というんでしょうか、弘崎と同じ夜空を見ている七海が本当のことに気づいてほしいと思うような、そのままでいてほしいと思うような。ひたすらに切なさからか、喉奥と目頭がじくじくしてきました。
あと全く関係ないのに弘崎と河合という組み合わせを見て「色彩のない」を思い出した私をゆるしてください。


・イナさん(さん)
「メリークリスマス」:ヒィイエッッッ(知ってた)
いや、薄々嫌な予感はしてたんですよ。読み進めていくうちにおかしいなー怖いなーて思って、ゾッとしたんですけど、でもさすがに気のせいかなーと思ってたんです。気のせいじゃなかった。娘のために友達を増やすなんてちゃんと娘想いの母親だった。(感覚麻痺)まるで死にかけのグッピーをグリーンランドの氷の上に置き去りにするような仕打ち。(※誉めてる) イナさん作品のサイコキャラがいい感じに気持ち悪くてほんとすきです。(?)


・ハシバミさん
「星の分かれ道」:グワーーッッ!! 百合が! 百合がぁーーーー!!(目がバルス状態)
わかる・・・わかるぞ・・・攻略キャラではなく友人ポジを攻略したくなる気持ちが・・・!! いやしかし、ハシバミさんには毎回驚かされています。実は前からいつかゲームシナリオのような書き方で創りだす作品を書こうと密かに考えていたんですが、いやー、やられた! テキストや攻略の際の選択肢、ローディング画面のような☆の場面転換もそうなんですが、最後の>[好き、なのかもしれない]という一つしかない選択肢がもうっ、好き。よくわかってらっしゃいます。
その見事な職人芸をたたえ、こちらに投票いたします。


・きっとくりすさん
「答え:屋上には駐車場があるから」;シンプルながら、やはりじん、とした感動があります。弥七さんのタイトル返信もさることながら、きっと七海(の生まれかわり)は私のことを知らないのに、どこか嬉しい気持ちになっているのかなと思うと、すごく心の奥が温まるようなそんな気持ちがいたします。
・・・と、思ったのですが。最後の最後で背筋がスッと冷えていきました。意味が分かると怖い話というべきなんでしょうか。いやはや、最後の文章でとんだどんでん返しを見た。あぶねえあぶねえ。改めて弥七さんのタイトル返信を見ると、もう最初とは別のニュアンスにしか見えない。すごい、控えめに言って好みです。


・まりむうさん
「ありのままの七海で」:リア充のなれそめなんて・・・と思った私を今すぐ殴れ。
めっちゃいい話じゃん・・・身内が亡くなったことで自分を責め続ける七海が、カメオのプレゼントのおかげで救われたのだと思うと、なんだか自分もものすごく救われた気分になります。そして、最後のふたりのやり取りも最高にスッキリした感じでいい。あっさりめなんですけど、すごくドラマチックです。きゅんときた。


・ゲクラさん
「最後のプレゼントと本当の願い」:救いがない・・・でもそこがいい・・・
まさか七海が自分のことで、しかも現在進行中で見ていた走馬灯だったなんてと全然気づきませんでした。それでも、歴史を変えずに記憶の中の後悔だけを書き換えて死んでいく、そう考えると、迷惑をかけないまま自分も満足な気持ちで逝けるという一番理想の終わり方で、ある意味では最高の贈り物なのかもしれない・・・どこかすとん、と腑に落ちている自分がいます。終わり方もいいですね。投票先候補でした。


〇要素
①仮面が関係ある
→この要素、最早レギュラーでいいと思うんだ。
②好き...?
→好き、ではなく「...?」がつくのがミソですね。それをどう調理するかも分かれ目だったと思います。疑問形か、曖昧な表現として活用するか。
③そのままのきみでいい
→前例に「きみが溢れる」があったので、活用の仕方はそれなりに。いやでも、あの時よりかは難しい。
④今日は特別な日
→クリスマスだからね。
⑤チキンを振り回す
→某鳥SNS界隈でチキン振り回し選手権を開催してましたが、個人的にはシチテンバットーさんの使い方が一番好きです。臆病者=チキンとして活用することも考えてましたが、うまくいかなかった。きの子さんにも天晴。
⑥望むものは一つだけ
→恋愛か家族ものか、に絡めることが多かった印象ですね。
⑦繋いだ手は温かかった
→だいたい七海の手率。
⑧いい匂いがする
→だいたい七海(登場人物)かチキンの匂い率。
⑨あんなこと言わなければよかった
→この要素でバッドエンドが多かったような気もします。
⑩幽霊が成仏する
→非現実要素を急に持ってくる。ポラリスも例えに持ってくるぐらいしかできなかったな・・・こちらに投票します。


先月休んだのと、ぼちぼち創りだすの現役を退こうかな、というのもあったので、今回は作品も感想も控えめな気がします。もう少しちゃんとブランクを取り戻しておきたい・・・あとポラリスも、完全に自分のエゴなんですが、ちゃんと終わらせたいな・・・

さて、今回の問題文は、とにかくシチュエーションの前後を考えるような問題文。ひたすらエモンガな作品にするか、あえてそれを外した作品にするか、というみなさんの方向性も見えてとても面白かったです。また、聖夜という制約(ダジャレじゃないよ)があったので、それをどう扱うか、というのも見どころでした。去年は大晦日だったからね・・・そう考えると同じ季節ものでも新鮮だったと思います。いやーやっぱり楽しいな。ありがとうございます&お疲れさまでした。

そして、弥七さんもお疲れさまです。創りだすの主催と開票をしながら今月の月刊らてらての準備も同時進行しているとあってだいぶハードだと思われますが、お体には気を付けてください・・・エキシビジョンかわいかった。劇団ココナッツと猫風船~。


さて、それではここいらにして、以上、現場のとろたくでした~。

[編集済]

作品:2・8・19
要素:10

承りました!
[良い質問]

No.9[まりむう]12月31日 21:4401月03日 00:29

「創り出された赤ずきん」(作・OUTIS)に1票
昔話を現代風にして物語を作るというOUTISワールドにまたはまりました。
「ありふれた聖夜の奇跡」(作・みづ)に1票
劇中作を2回も組み込んだうえで物語を作るという考え方が面白かったです。
「サンタさん見習い」(作・さなめ。)に1票
過去のラテシンの要素も組み込んでほのぼのとした作品を作っているところが面白かったです。
最も組み込むのが難しかった要素「望むものは1つだけ」
どんな理由にしようか悩みました。

作品:3・6・9
要素:6

承りました!
[良い質問]

No.10[ラピ丸]12月31日 22:4701月03日 00:29

投票します。13 18 23に一票ずつです。
以下感想
「星がひとつ」
物語の余韻が素敵でした〜。言葉も選んで使われている感じがして、読みやすく創り出すに向けて進化してきたと感心するばかりです。ただ、自分は七海の死の理由を明かされるものとして読んでいたので、そこがモヤモヤだったのが少しポイント下がっちゃった気がします。良き!

「拙作割愛」

「ありふれた聖夜の奇跡」
いい作品ですね……。コメディみがある物語……かと思いきやなにこの落ち!? 絵本の靴屋さんを思い出しました〜。

「特別な日」
結婚記念日ってわけですね、尊。成分が過剰になって昇天してしまいます、幽霊なんで。題材上恋愛系にならざるを得ないと思うので、こうやってシチュエーションを変えていくのは有効だと思います

「聖夜に奇跡は起きない」
悲恋もの。恋愛ってハッピーアンハッピー色々ありますが、その中で選ぶ題材によって重さが変わってきますよね。それを上手く使いこなしてる。好きですね。はい。

「創り出された赤ずきん」
創り出されたシリーズ。赤ずきんにハガレンのグラトニー感をひしひしと感じました。食いしん坊かつ強い子は最強です。完全に。

「素直になれない夜に」
尊さは世界を救う。視点を増やしたんですよね。これは、新しい試みかなと。よきです。

「オリオン座の下で」
すごく新しい世界観で話が進んでいく。それに引き込まれました。視覚的というか、読んでいて血が凍ってた気がします。

「サンタさん見習い」
愛は愛でも家族愛の感じですね。「」を使わない描写はラノベ的で、かえって読み易かった気持ちもあります。いとよか。

「初めまして、さようなら」
なんていうか、ダーティーです。インパクトに次ぐインパクト。復習系のはとても好きです好みなのです。ダーク。

「とってつけたような奇跡」
落ちがひどい。なにがユートピアやねん笑笑。こんな話が絶対一つはいますよね、毎回。ないといけない法律であるのか……

「コイゴコロ」
……………………え?
ちょっ、え、え? ま、え?
語彙が消えて行きました。

「12月25日割愛」
プロレスかと思いきやプロレスじゃない。なんだこれ。シチテンさん毎回こんな頭のおかしい事考えてると考えると畏怖の念を抱いてしまいます。

「diary of someone」
この、裏側というか、メイキング的な話もありますよね。面白い。ガワを変えるだけで、いろんな回に使える万能フォーマットだと思います。

「サンタクロースの道具箱」
文字数ギリギリまで使って、全力で来ましたね。受験を軸にしてクリスマスの顛末を描き切る。素晴らしくエモかったです。

「叶うなら」
弘前さん……。なんというか、チキンがすごくベストな処理の仕方だったな、と。面白い作品でした。

「メリークリスマス」
怖い。でも、どこかで聞いたような話になってしまっていたなーー、という印象でした。文は良かった。

「ねこです」
すごくホンワカ。みゃー。とろたくさんらしい。みゃー。ねこはずるい。にゃー。可愛い。にゃー。助けてあげていい人にゃ。

「星の別れ道」
いっぱつめでドンと興味を引かせて、いい感じの解説につなげる。凄い。そういうのがいいよっていうシチュがめちゃくちゃ好き。

「答え、屋上に駐車場があるから」
また良いものを。お父さんのワクワクが伝わってきます。こういうスピード感ある解説大好きです。

「ありのままの七海で」
10個目の要素にフォーカスした作品。まだ見せ方があるのか。恋愛ものが多かった今回、こんなにバリエーションがあるなんて度肝抜かされました。

「最後のプレゼントと本当の願い」
クリスマスキャロルの雰囲気がありますね。友達は大事に。とても好き。

「創り出すに物語性を求めるのは間違っているだろうか」
父策士ですやん。ラストにしていいまとまり。素晴らしい。

「ポラリス」
なんかまた新キャラ参加で、一体どうなるのか……。ニシキくんかっこよかったです。シュートフォームいいね。

「いちばん星に願いを」
好き。このシリーズは初めてなのですが、とってもほんわかしました。誰かが誰かのサンタなんですね。 [編集済]

作品:13・18・23

承りました!
[良い質問]

ぴんぽんぱんぽーん。

お知らせをいたします。創りだす企画ですが、投票数の関係上、投票フェーズを延長いたします。締め切りは2020/01/02(木)23:59までとなります。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。(匠・エモンガについてはアンケート機能のシステム上締め切らせていただきます。申し訳ございません。)

☆現在までに投票いただいているユーザーさまは期限まで内容の変更は可能です。
☆また「投票対象外作品」の投稿につきましても、本会場において期限まで受け付けます。
No.11[シチテンバットー]12月31日 23:2601月03日 00:29

【投票】
「ありふれた聖夜の奇跡」(作・みづさん)に1票
「オリオン座の下で」(作・OUTISさん)に1票
「サンタさん見習い」(作・さなめ。さん)に1票

最も組み込むのが難しかった要素「⑩幽霊が成仏する」

【感想】(敬省略)
きの子「星がひとつ」
②④⑤⑦⑧⑨⑩
自殺した彼女へのプロポーズ
⑦の死んだ人の手が温かいのは矛盾してるように感じるが、文学的にはむしろ旨味を感じる。
⑤チキンを振り回すの解釈好き
短いながら要素を不自然なく埋め込めてストーリーを成立させている。どうかすぐには行かないように。

ラピ丸「サンタさん、見えますか?」
物凄く簡潔に要約
要素の解釈がやや強引な気もする。
⑧血の香りが果たしていい香りかは微妙だが、まあ登場人物がそう思ったのならそれで正解であろう。
けっこう要素や問題文が複雑に思えるのに簡潔にまとめられるのは中々面白い。こんなサンタさんはノーサンキュー。

みづ「ありふれた聖夜の奇跡」
漫画の中のメリークリスマス
①仮面を仮面そのものでなくペルソナと表してるのが面白い。
基本的に要素の回収が自然なだけに、⑤⑥⑩はB級映画のノリで強引に結びつけてるのがむしろ印象に残った
所謂典型的なラブストーリーと思わせてからのどんでん返しは中々面白かった。結末の部分も要素回収やオチ付け、どちらでも無駄になってない。寝ている間に小人が靴を完成させる童話を思い出した。

M「特別な日」
典型的ラブストーリー
やや要素の回収が強引な箇所が無いわけではない(①⑤⑩)が、特に問題ではない。むしろそれ以外はかなりスムーズに回収できていた印象。
けっこう無難にまとめた印象。無難な生活が貴重だと俺はまだ気付いていなかった。

リンギ「聖夜に奇跡は起こらない」
②③④⑤⑥⑦
死んだ幼馴染み(?)に思いを馳せる話
どの要素も極めてスムーズに回収できていたが、あまりにも自然すぎて要素回収という行為自体の印象が残らなかった。
これも一種のラブストーリー。文学としてけっこう上手くまとまっているのではないか。思い出を大切に強く生きろ。

OUTIS「創り出された赤ずきん」
全要素
テケリリ昔話
作風と③⑦が合いすぎてる感。
作品としては中々良くできてると感じるが、何か読むことに没頭できないというか入り込めなかった。出来の良し悪しより作風が俺好みじゃなかっただけ。ぶっ飛んだ要素でも多少なり強引な解釈でまとめる作品が多い中、ぶっ飛んだ要素からぶっ飛んだ物語を作るのはある意味では斬新だと感じた。ジョゴス連れてる時点でだいぶ狂ってる可能性。

白蜜「素直になれない夜に」
①②③④⑥⑦⑨⑩
七海視点と誰か視点。
①⑩自然な要素入れ故に印象に強く残るものは少なかったが、やっぱり仮面の男が成仏したのは忘れられない。
「七海視点」とかもあったし彼目線有りの典型的ラブストーリーかと思ったらまさかの第三者が出てきてビックリしたよね。

OUTIS「オリオン座の下で」
②④⑥⑦⑧⑨
ディストピア的バッドエンドストーリー。
個人的に外の異様な寒さながら手が暖かく感じた⑦のは詩的と思った。
色んな考察というか妄想が頭を駆け巡る作品。個人的に評価は高い。デイ・アフター・トゥモロー。

さなめ。「サンタさん見習い」
全要素
ほのぼのハートフルストーリー。
③を「黄身」と「君」で両方使ってたのは面白かった。要素じゃないけど最後花をサンタと表現してたのは中々興味深かった。
どでかいインパクトは無いながらストーリーとしてまとまっている。創りだすでここまで綺麗にストーリーを生み出すのはかなり難しいのでは。サンタさんがサンタさんへプレゼント。

みづ「初めまして、さようなら」
①②③④⑤⑦⑧
不思議な感じの復讐劇
①で大道芸を連想しこのストーリーを思い付いたと考えると面白い。
終始ふわふわした感じのストーリーだった。脂を拭くお手拭きをください。

きの子「とってつけたような奇跡」
①③④⑤⑦⑧⑨⑩
シュールな日常系どたばたストーリー。
①仮面をペルソナ的なアレと解釈したのは面白かった。
こういうどたばた系も一興。Q.このあとこの全裸の男性はどうなるでしょう。

靴下「コイゴコロ」
①②③④⑤⑥⑦⑧⑨
バッドエンド系ラブストーリー。
③がストーリーにマッチしすぎてる。
一人称が「私」だったため性別が分からなかったが、途中で明確に性別が分かる描写が出てきておおうとなった。色々あって結ばれてハッピーエンドかと思ったらそんなことなかった。結んで開いて、開いてほしくなかったね。

シチテンバットー「プロレス」
全要素
⑦血濡れで暖かいのか個人的に気に入ってる。
めっちゃ読みづらい()。地の文無しの文章も面白いかもしれないが、その場合は表現は勿論詰め込み具合に注意しなければ。

かふぇもかろに「Diary of Someone」
②⑥⑦⑧⑨
創りだす日記。
要素に関しては特段指摘したりすることもなく無難な感じだった。
問題で提示されたからそれに合わせて行動するというある意味新しい文章。風邪治ってよかったね。

Hugo「サンタクロースの道具箱」
全要素
①⑤チキンと仮面を組み合わせたのは斬新で面白かった。
七海視点というのはあったが、七海が主人公というのは珍しいかも。
ハッピーエンドというか前向きエンドで良かった。とにかく寒いの何とかしてください。

藤井「叶うなら」
ほのぼのギャグ日常系ストーリーと見せかけたシリアスストーリー
⑤チキンを振り回すという荒唐無稽な要素を大きくストーリーに結び付けてたのは面白かった。⑨の使いどころも良し。
ストーリー展開良かった。でも死んだの悲しかった。ストーリー良かったけど悲しかった。チキンチキンごぼう。

イナさん「メリークリスマス」
全要素
ハートフルと見せかけたハートフルボッコ。
こちらも⑨の使い方がストーリー的に良い。
女児勝手に連れて大丈夫かな?と思ってたら「あの頃は楽しかった」の下りで雲行きが怪しくなり、あっという間に取り返しがつかなくなりました(褒め言葉)。

とろたく「ねこです」
②④⑤⑥⑧
⑤チキンを振り回すのに明確な理由があるのが良かった。
簡潔にまとめている。七海が猫なのが斬新で盲点を突かれた感がある。

ハシバミ「星の別れ道」
②③④⑤⑦⑧
乙女ゲーム的シナリオ
②③がストーリー全体にかかっている感じであった。
乙女ゲームのルートを想定しているのは斬新で面白い。別ルート教えて。

きっとくりす「答え:屋上には駐車場があるから」
②④⑥⑦⑧⑩
⑦「あの時と違って」の箇所が要素と合わさってエグい。
読みはじめの俺「アカンアカンアカン」→読み終えた俺「アカンアカンアカンアカン」

まりむう「ありのままの七海で」
全要素
⑩幽霊をストーリーの核にしてるのはこれだけな気がする。
あらゆる呪縛が消えハッピーエンドで良かった。でもチキンは振り回すな()

ゲクラ「最後のプレゼントと本当の願い」
②④⑥⑦⑨⑩
シリアスからのハッピーエンドにはならなかったストーリー
⑩幽霊(とは少し違うけど)が語り手なのは中々面白い。
ハッピーエンドかと思ったらやっぱりバッドエンドかよ!!!

OUTIS「創りだす以下省略」
①④⑥⑦⑨
雪かきで仲直りする話
①積雪を仮面に例えるのが斬新。
シンプルで短くまとめている。屋根の雪かきする際は滑落にご注意ください。

エキシビション
弥七「おそいこぐみのななみちゃん」
全要素
②男の子が好きな女の子に意地悪をすることについては自分はかなり懐疑的でありそういうのはマンガとかアニメとかの創作内での話でしか存在しないと思うけどこれ創作だから何の問題もないわごめんなさい。
⑧を使ったオチが好き。パパの匂いってそれ加齢s(殴
どことなく不思議な世界でのストーリーに引き込まれた。猫風船ブームが一時期発生してたのを知りませんでした()

【その他感想】
問題文で「屋上で連れ出す」と見た時点で「プロレスで屋上から突き落とすみたいなのあった気がする」と思い、要素で「仮面が関係する」と見た時点で「もう完全にマスクマンじゃん。プロレスじゃん。プロレスするしかないじゃん」となり、こうなりました。どうしてこうなった。まあコメディしか書けないのでこうするしかなかったのかも()。ちなみに、主催者の感想を眺めてる際も「シャーマン」を「ジャーマン?」と空目してしまってたりする()。
全体としてバッドエンドやシリアス展開が多かった気がするので、出来の良し悪しは置いておいて(悪しは見当たらなかったけど)精神的にキツかったです()。あと女性と女性の恋愛を取り扱った作品がそれなりに見当たりましたね。うーん、百合は いいぞ。
要素のほとんどがクリスマスに関連できる(チキンも強引に結び付ける)中、幽霊のみ(霊だけに)かなり浮いていたように感じたので幽霊に投票しました。
5000文字で足りるかなと思いましたが、けっこう5000文字って長いですね()。 [編集済]

作品:3・8・9
要素:10

承りました!
[良い質問]

No.12[イナさん]12月31日 23:4601月03日 00:29

【作品】
⑬『12月25日 LateralThinkingWrestling JingleHell 第8試合時間無制限1本勝負女子王座NoDQ戦 ブレイカー七海(チャンピオン) vs ビッグインシデント香織(挑戦者)』(作:シチテンバットーさん)

⑯『叶うなら』(作:藤井さん)

㉒『最後のプレゼントと本当の願い』(作:ゲクラさん)
に一票ずつ投票します!

【最難関要素】
⑩幽霊は成仏する
に投票します!

①と悩みました…。が、これを入れようとするとどうしても単調というか、ありがちストーリーになってしまうのですよ…難しかった…。


【投票作品感想】
⑬えっ…なにこれ…。タイトルから異質臭がぷんぷんしてて蓋を開けてみれば、どんな話やねん!!と思いっきりつっこみたくなる作品で、思わず吹き出しそうになりました。なんだこりゃ。最高じゃないですか。数々の作品が創り出された中で一段と光ってましたね。これは投票せざるを得ない。それにしてもらビッグインシデント香織て。ビッグインシデント香織て!!シチテンバットーさんのセンス最強。

⑯涙脆い私にはもはや読むのがつらい…。文章ひとつひとつが全部必要と言いますか、いらない部分なんてない、完璧な作品と言いますか…。なんかうまく言えないけど、とにかく私はこの物語に出会えて良かったなと思いました。もしまだ読んでいない方がいらっしゃったら、ぜひ読んでください!!!

㉒わお。この普通に終わらせてくれない感じ、好きです。どんでん好き。恋愛とシリアスがいい塩梅で調理されて最っ高の物語になってますね!とりあえず、どんでん愛してる。


他の感想は間に合わないので追々ミニメで勝手に送りつけます! [編集済]

作品:13・16・22
要素:10

承りました!
[良い質問]

No.13[ゲクラ]12月31日 23:5801月03日 00:29

『オリオン座の下で』(作・outisさん)に1票
人類が殆ど全滅しているという課題文からは予想もつかない意外な状況…階段を登る時の寒さと戦う辛くて厳しい状況が上手く表現されていて、想像しやすい物語でした。
最後、奇跡的に快晴になったけど、七海の願いは叶ったといえるのか…私の願いはなんだったのか、終わり方は私にとって、ハッピーエンドだったのか?バッドエンドだったのか?色々推測できる終わり方で、今回一番エモいと感じられる好きな作品でした!

『コイゴコロ』(作・靴下さん)に2票
恋愛感情に鈍い私が恋心に自覚して告白する、普通の恋愛物だと思って読んでいたら、まさかの同性愛!私の使い方に見事に騙されました!
確かに相手が同性なら自覚出来ないのもしょうがないわけで、読み返すと前半部分の内容のイメージがガラリと変わりました!
そのまま、告白が成功して、ハッピーエンドで終わるわけではなく、2人で心中するのも、完全に予想外でしたし、さらに言うならば、課題文の状況を告白で使っていると見せかけて後で、実は今まで私は七海の手を引いてなくて、心中の時が本命の状況だと気づいた時は本当に騙されたと思いました。
また、全体的に読みやすく、後半はエモいくて全体的に好きな話でした。

最難関要素
使ってませんが
⑤チキンを振り回すに1票 [編集済]

作品:8・12・12
要素:5

承りました!
[良い質問]

ぴんぽんぱんぽーん。

『第18回正解を創りだすウミガメ』のコインバッジ内訳についてご連絡いたします。
今回は以下の内容で参加者さまにコインバッジコードを進呈いたします!

シェチュ王……400c
最優秀作品賞…100c
最難関要素賞…10c
シェフ参加賞…5c
投票参加賞……5c

企画終了とともに司会者が順次ミニメにて送らせていただきます^ ^
No.14[リンギ]01月01日 22:4301月03日 00:29

「ありふれた聖夜の奇跡」(作・みづ様)に1票
よくある王道恋愛ストーリー…かと思えばだんだんン~?ってなって最終的にはどんでん返しをくらいました。問題として出ていたらカップルの掘り下げは必須。
「コイゴコロ」(作・靴下様)に1票
。時代に取り残される系の自分は「エモい」という言葉がよく分からなかったのですが、この作品を読んで「これが…!これがエモいか…!!」と学びました。それだけの作品だと思います。でもアンケには間に合いませんでしたごめんなさい。
「メリークリスマス」(作・イナさん様)に1票
読んでいてゾクゾクしました。ウミガメのスープって割と「意味が分かると怖い話」にリンクする部分があると思うのですが、この作品はまさにそれな感じでグッときました。

最も組み込むのが難しかった要素「仮面が関係ある」
仮面…仮面とは…?と哲学に入り込みかけた要素。

作品:3・12・17
要素:1

承りました!
[良い質問]

No.15[藤井]01月02日 04:4101月03日 00:29

【作品投票】
⑬『12月25日 LateralThinkingWrestling JingleHell 第8試合時間無制限1本勝負女子王座NoDQ戦 ブレイカー七海(チャンピオン) vs ビッグインシデント香織(挑戦者)』(作:シチテンバット-)に2票
……まずタイトルが長い。
今回の創りだすで異彩を放っていたこの作品。例えるなら、自分が主催した第8回でのTakaさんの作品のような。どことなくラテシンの空気を感じました。
プロレスのことは全く知識ないしまともに試合を見たことすらないけど、それでも面白くスラスラと読めてしまうのがすごい。それってなかなか難しいことだと思います。恋愛や死を扱う作品が並ぶ中、どうしたって印象に残ってしまう作品でした。あと、タイトル長い。

⑰『メリークリスマス』(作:イナさん)…1票
……数ある作品の中で最も結末が印象的だったので1票。途中までハートフルストーリーなのかなと思って読み進めていくと、終盤で急に暗雲が立ち込めて急転直下。このブラックさがたまらなかったです。


【最も組み込むのが難しかった要素】
⑦繋いだ手は温かかった
……今回自分が使用した要素5つのうち他4つはそれなりに生かせたかなと思うのですが、この要素をストーリーの中に『必要なもの』として組み込むのは思いのほか難しく、ふわっとした組み込み方になってしまいました。


【振り返り】
……ここ最近の創りだすは思うように書けなかったりそもそも投稿できなかったりと不振続きだったんですが、今回は思いがけずポンと書けたので楽しかったです。
選定要素を見た瞬間に「ぜったいチキンを振り回してやろう」と思いました。私の中では今回の創りだすはチキン振り回し選手権です。ありがとうシチテンさん。
まず問題文を見て、聖夜と屋上を関連づけるところから始めました。そして『屋上=空に近い。サンタさんから見えやすい。チキンを振り回す……サンタさんに気づいてもらうため?』ってな具合にストーリーの核が出来上がりました。そしたら弥七さんてばそれをがっつり拾ってくれて超嬉しかったです。
また、弥七さんのエキシビションもほっこり読ませていただきました。聖夜の帳が降りるその描写がとても美しかったです。きっとくりす先生とみづ先生が雰囲気そのままで少し笑ってしまいました。
月刊らてらてに挟まれる形で創りだす主催というハードな年末年始だったかと思いますが、弥七さんらしい丁寧な主催進行で気持ちよく参加させていただけました。投票期間延長の応急措置も非常に助かりました。結果発表も楽しみにしております! [編集済]

作品:13・13・17
要素:7

承りました!
[良い質問]

No.16[M]01月02日 19:5701月03日 00:29

⑫『コイゴコロ』(作:靴下さん)に一票
二人ともとても純粋で、周りの声に悩まされる二人が可哀想に感じました。
結末は悲しいですが、最期まで愛し合った二人の仲が美しいと思いました。
⑯『叶うなら』(作:藤井さん)に一票
とても切なく、七海がとても純粋で(二回目)、物語として素晴らしいと思いました。
⑰『メリークリスマス』(作:イナさん)に一票
娘への愛が行き過ぎた母親の物語は少し怖かったと思いつつ、とても文章に引き込まれました。
最も組み込むのが難しかった要素
「⑤チキンを振り回す」
でお願いします! [編集済]

作品:12・16・17
要素:5

承りました!
[良い質問]

No.17[OUTIS]01月02日 23:3301月03日 00:29

星がひとつ
マンションに死んだ彼女が帰ってくる。
実は要素⑩もあって私もこのネタ思いついていたのだけれど、元々私の家がクリスマスを祝わないせいで聖夜の奇跡というのを忘れていて
、お盆の方がいいかなとひっそりお蔵入りにしていたヨ(言い訳)。
ある意味王道のエモンガ、落ちまで含めて見事なまでに私のドストライクを打ち抜いてきたネ。
死後も相手を想い続ける二人の純粋な愛、本当に素晴らしいネ。
今後もこんな作品を作って欲しい、そう切実に願うような作品だったヨ。

聖夜に奇跡は起きない
病院というワードが出てくると基本的に私はテンションが上がるヨ。
病院の恋愛に悲恋は憑き物だからネ。
考えすぎかもしれないけれど、要素⑩がありながら直接的に幽霊を出さずに要素⑩を使わない、現実的と言ってしまえばそれまでだけど、敢えて死者にとって成仏という幸福な結末ではないという表現にもとれる私好みの演出に感じたヨ。
又、クリスマスという日に年に一度だけ織姫と彦星のように逢うというロマンチックな演出も憎いネ。
魔法も奇跡も無い、ストレートに私の好みに刺さった作品だったヨ。

叶うなら
言わずとしれたエモンガ四天王藤井さんの作品だネ
最近、男女の恋愛(主に悲恋からの死別)ネタのエモンガが多かったのに対してこの作品は言わば純粋なエモンガ。
そもそもエモい(エモーショナル)の意味合いは感情的な、感情を揺さぶる。
今回は特に恋愛ネタでのエモンガが多かったのに対して、藤井さんの作品は純粋な技術でのエモンガだと感じたヨ。
12割程度で構わないから、その技術力を分けてもらいたいものだヨ・・・
本当に素晴らしい作品だったヨ。

という事で、以上3作品に投票させてもらうヨ。

作品:1・5・16 [良い質問]

ピピー!そこまで!投票フェーズ終了です><

結果発表をお待ちくださいませ^ ^
結果発表は2020/01/03(金)22:00頃を予定しております。もうしばらくお待ちくだせいませ。
(創りだすの投票にはルール上良質はつけないことになっています、と心優しいユーザーさまに教えていただきました。本当にありがとうございます><今回は一度マーカーをつけてしまっているので、このままとさせていただきます。ご了承くださいませ。)

参加者一覧 17人(クリックすると質問が絞れます)

全員
さなめ。(1良:1)
Hugo(1良:1)
みづ(1良:1)
キャノー(1良:1)
靴下(1良:1)
きっとくりす(1良:1)
ハシバミ(1良:1)
とろたく(記憶喪失)(1良:1)
まりむう(1良:1)
ラピ丸(1良:1)
シチテンバットー(1良:1)
イナさん(1良:1)
ゲクラ(1良:1)
リンギ(1良:1)
藤井(1良:1)
M(1良:1)
OUTIS(1良:1)
創りだす18 投票会場 結果発表

※こちらの発表は簡易版です。臨場感を楽しみたい皆様は、是非とも本会場をご覧下さいませ。





☆最難関要素賞

🥇「チキンを振り回す」(シチテンバットーさん)
6票獲得

🥈「幽霊が成仏する」(白蜜さん)
4票獲得

🥉「そのままのきみでいい」(とろたく(記憶喪失)さん)
🥉「望むものは一つだけ」(きの子さん)
🥉「仮面が関係ある」(OUTISさん)
🥉「繋いだ手は温かかった」(きの子さん)
1票獲得

解説:今回の創りだすはまさに「チキンを振り回す祭!!」となりました^ ^



☆匠賞

🥇『12月25日 Lateral Thinking Wrestling JingleHell 第8試合時間無制限1本勝負女子王座NoDQ戦 ブレイカー七海(チャンピオン) vs ビッグインシデント香織(挑戦者』(作:シチテンバットーさん)
🥇『叶うなら』(作:藤井さん)
6票獲得

🥈『初めまして、さようなら』(作:みづさん)
🥈『Diary of Someone』(作:かふぇ・もかろにさん)
🥈『星の別れ道』(作:ハシバミさん)
🥈『答え:屋上には駐車場があるから』(作:きっとくりすさん)
5票獲得

🥉『サンタさん、見えますか?』(作:ラピ丸さん)
🥉『創り出された赤ずきん』(作:OUTISさん)
🥉『素直になれない夜に』(作:白蜜さん)
🥉『ねこです。』(作:とろたく(記憶喪失)さん)
4票獲得

解説:シチテンバットーさんと藤井さん、方向性の全く違う二作品が匠賞を獲得しました!


☆エモンガ賞

🥇『聖夜に奇跡は起きない』(作:リンギ)
8票獲得

🥈『オリオン座の下で』(作:OUTISさん)
7票獲得

🥉『叶うなら』(作:藤井さん)
6票獲得


解説:「病院」というエモワードを駆使したリンギさん、エモンガ賞獲得です!


☆最優秀作品賞

🥇『叶うなら』(作:藤井さん)
7票獲得

🥈『サンタさん見習い』(作:さなめ。さん)
🥈『コイゴコロ』(作:靴下さん)
5票獲得

🥉『12月25日 LateralThinkingWrestling JingleHell 第8試合時間無制限1本勝負女子王座NoDQ戦 ブレイカー七海(チャンピオン) vs ビッグインシデント香織(挑戦者)』(作:シチテンバットーさん)
🥉『メリークリスマス』(作:イナさんさん)
🥉『星の別れ道』(作:ハシバミさん)
4票獲得


解説:23作品という豊作回の中で、見事『叶うなら』が最優秀作品賞を獲得しました!


シェチュ王

👑藤井さん👑
総得票数:7票

解説:複数投稿の参加者のいる中で、藤井さんの作品が単独トップ…!おめでとうございます!!

皆様、ご参加下さり、本当にありがとうございました!
19年12月27日 00:10 [弥七]
相談チャットです。この問題に関する事を書き込みましょう。
靴下[10ブクマ]>>遅くなってしまってすみません!
自作宛に感想頂いた方に、返信させていただきます!
先に言っておくと3,891字なので覚悟して読んでください笑


▶︎さなめ。さん
匠票ありがとうございます!
⑤チキンを振り回すは当初入れない予定だったのですが、最後の段階で入れられる箇所探してあそこに収まりました。後から入れた割には収まり良くなったかな? と思ってます♪ お陰で字数がギリギリになってしまいましたが…笑
視点の件は、好きな作家さんの書き方がこういう感じなので、それを真似して書くことが多いですね。今回は叙述の都合「私」の1人称視点で書きましたが、基本的には「主人公を画角の真ん中に据えた3人称視点」で書くのが好きです。前回のやつなんかそんな感じで書いてる感じです。すみません自分語りになってしまいました笑

▶︎Hugoさん
本投票ありがとうございます!!
「票数制限がなかったら無限に投票したかった」これめっちゃ嬉しいです。失神もしてもらえた(?)みたいですし、次回Hugoさんからの3ポイントシュート期待してますね(欲しがりさん)
シリアスバッドエンドに持ち込まないルートも考えたのですが、屋上に行くシチュエーションでパッと浮かんだのが自殺だったので、それを軸に創りたいな、という思いがあり、こういう形になりました。また自分語りになっちゃいますが、「要素を消化する作品」よりも、あくまで「問題文に合う解説を(要素を入れて)創ること」を重視したいタイプなので、自然に問題文が回収できてるって言われると結構嬉しいです!
あっ2次創作は大歓迎ですよ、"らてらて鯖の規約に反しない限り"の過激な作品待ってますね////

▶︎キャノーさん
お、キャノーさんも叙述トリックに誘導されてくれたのかな? 満足です。どこでトリックを明かすか迷ったんですが、1番エモいシーンで読者の頬が緩んだ瞬間に明かしたらどうなるかな、と目論んでました。え? そこまでは誘導されなかった?…わっはっは。
逆エモンガ部門、いいですね笑 なかなか後味悪い作品だらけになりそうですが…

▶︎とろたく(記憶喪失)さん
お褒めいただき光栄です! ただ、グリーンランドに打ち上げられたグッピーの鳩尾を的確に狙えるほどのスナイプ力はないっすね(?) ここテストに出ません。
今回は2人を屋上に連れ出すためにこういうエンドになりましたが、今の日本が舞台なら2人も幸せになれたのかな。ハッピーエンド弥七さんが主催なのに、という一抹の後悔は残りますが、評価してくださった方もいるので今回は満足です。
そしてだれがニーハイさんじゃい。短いくるぶしソックスも好きですよ(?)

▶︎ラピ丸さん
やつは大切なものを盗んでいきました。ラピ丸さんの語彙力です。

▶︎シチテンバットーさん
エモンガ票ありがとうございます!
そうです、そのままのきみが好きなんです。今回のテーマは③を見て決定したので、メインの軸としては③が真ん中にありますね。その上で、一人称叙述トリック使ってベールかけてみました。
そして、皆さんの感想読む限りは、やっぱりハッピーエンドの方が好まれるのかな? 自分では、来世で結ばれるために命を賭す物語は美しさも感じるので、いわゆる「バッド」なエンドとは思ってない部分もあったりしますが。次回の参考にさせてもらいます。

▶︎ゲクラさん
本投票×2、さらにエモンガ・匠まで、ありがとうございます!!!
ゲクラさんの感想が、書いてるときに想定してた読み方そのものだったので、してやったり。です笑 わざわざ最後まで行ったあと読み返してもらったなんて…とても嬉しいです!
しかもそうなんです、「私」が告白するシーン・七海に告白されるシーンともに手は繋いでないんです。問題文回収は1番最後のシーンなんですが、そこにも気付いていただいてさらに嬉しいです。
もう、このゲクラさんの感想に匠票入れたい。
感想ありがとうございました!

▶︎リンギさん
本投票ありがとうございます!!
全身で「エモ」を感じていただけたようで良かったです。心の中では勝手にエモンガ票受け取っときますね(図々しい)
次回もエモンガお届けできるように頑張りますね!
次回リンギさんも参加されるようでしたら、よろしくお願いします(揉み手)

▶︎Mさん
本投票ありがとうございます!!
シチテンさんのところで言った「美しさ」、Mさんもわかりますか! Mさんとはいいお酒が呑めそう。純粋に愛し合う2人が来世で結ばれ、周りからも祝福されることを願って、乾杯!

以上が投票会場で感想をいただいた方への返信です。
そして、お待たせしました、主催者弥七さん!

▶︎弥七さん
まずは、主催ありがとうございました! 前回初めて弥七さんの創りだした作品が読めてとても嬉しかったのですが、早速シェチュ王になり弥七さんが出す問題文、とても楽しみにしていました! 蓋をあけてみたら、登場人物の名前が決まってたり、季節(聖夜)と時間(帳が降りる頃)が決まってたり、これかなり難易度高いんじゃないかな…? とも思いましたが、結局はロスタイム含めて26作品、含めなくても23作品も集まって、これもびっくりしました。これは私の想像ですが、主催が弥七さんだから、という理由で参加したくなった方もいるんじゃないかな? と思ってます。

感想ですが、何の前置きもなく「私」が出てきたら女性を想起させてしまうかな、と思ったので、1行目で七海が好きって言わせました。お陰でちゃんとベールかけられたようで良かったです。
ただ、ハッピーエンド弥七さんの問題文をハッピーエンドに出来なかったことがちょっと悔やまれます…今後弥七さんがシェチュ王とって主催されることがあったら、そのときは弥七さんにブクマされるくらいのハッピーエンド物語を創りだします! と宣言しておきます笑


以上になります、長々と語らせていただきましたありがとうございました!
藤井さん、次回開催楽しみにしてます!!
[編集済] [10日19時21分]
1
ゲクラ[令和]>>弥七さん、出題ありがとうございました。私のにコメント、投票して下さった方々、ありがとうございます。今回、色々とギリギリでしたが間に合って良かったです!
あと、さなめさん、こちらこそ、ごめんなさい !まさか七海 雪で被らせてしまっていたとは…正直七海で統一していて下の名前殆ど使わなかったので、言われるまで気づきませんでした…[編集済] [04日01時13分]
イナさん>>弥七さんおつかれさまでした!私の作品にコメントをくださった方々にはほんっっとうに感謝感激です!!皆さんのコメントの語彙のチョイスが面白すぎて何度も読み返しました笑!死にかけのグッピーをグリーンランドの氷の上に置き去りにするって…ハートフルボッコって…新年から笑いが絶えなくて、今年も幸せならてらてらいふが送れそうです!笑[03日23時51分]
みづ>>弥七さん主催ありがとう&お疲れ様でした!藤井さん流石のおめです!皆さまの作品、楽しく読ませて頂きました。感想・投票下さった方々、感謝感激!![03日23時49分]
キャノー[『★良質』]>>弥七さん、お忙しい時期だったと思いますが創りだすの運営ありがとうございました![03日23時02分]
さなめ。[ラテアート]>>弥七さん進行主催お疲れ様でした!ありがとうございました! 藤井さんシェチュ王おめでとうございます! 「ハートフルボッコ」に大爆笑してました。[03日23時00分]
きっとくりす>>弥七さん、開票おつかれさまでした!私のにコメントくださった方ありがとうございました!狂人感が伝わっていたようでよかったです。[03日22時50分]
ラピ丸>>出題ありがとうございました!!藤井さん、さすがです! 自分のに投票してくださった方にも感謝です!! それでは、次回[03日22時44分]
弥七>>結果いたしました!^ ^[03日22時42分]
弥七>>ありがとうございます^ ^ 結果発表をお楽しみに![02日22時38分]
M[はらこめし]>>投票しました!エキシビションも素晴らしかったです![02日20時31分]
藤井>>投票しました!期間延長のおかげで落ち着いて投票できました。ありがとうございます(=◜o◝=)[02日04時45分]
弥七>>いえいえ、ありがとうございます!嬉しいです><[02日00時37分]
弥七>>みなさま投稿ありがとうございます!^ ^[02日00時37分]
リンギ>>投票させていただきました。延長してくださってありがとうございました…!アンケには間に合いませんでしたが…。[01日22時44分]
ゲクラ[令和]>>ギリギリ投票間に合わせました!細かい所、少し納得出来てなかったので延長はありがたいです。[01日00時08分]
シチテンバットー[1問正解]>>投票しました。[31日23時59分]
弥七>>すいません、私の判断ではございますが、もう少しお付き合いきださいませ!><[31日23時54分]
イナさん>>ギリギリ投票しました!…と思ったら延長されたのですね。おつかれさまです!あと少し、頑張ってください![31日23時47分]
弥七>>主催者権限により、投票フェーズの期間延長を決定いたします。追ってヒント欄にて連絡いたしますのでよろしくお願いします。[31日23時16分]
ラピ丸>>投票しました!!エキシビションまでは書けなかった。後ほど個人的に感想送ります[31日22時47分]
とろたく(記憶喪失)>>投票! しました! まにあった![31日22時08分]
まりむう[200回良質問]>>投票しました。[31日21時45分]
弥七>>みなさま、投票本当にありがとうごxざいます!投票期間、少し短かったでしょうか??少し延長も視野に入れて進行していきたいと思います。[31日20時40分]
ハシバミ>>同じく、取り急ぎ投票のみ失礼いたします……![31日19時15分]
靴下[10ブクマ]>>取り急ぎ投票だけしました! 時間があったら感想を足します…![31日16時00分]
キャノー[『★良質』]>>投票致しました!毎度のごとくエキシビジョンの質がお高い![31日14時00分]
みづ>>投票しました。また下手くそな感想ですが(TT)愛はあります。[31日11時41分]
弥七>>さなめ。さん投票感謝いたします!^ ^ありゃま、でも感想なのでオールオッケー!!><[27日19時42分]
さなめ。[ラテアート]>>投票失礼致します。5000字越えてしまいました。???[27日15時45分]
弥七>>とろたくさんありがとうございます!楽しみに待ってます><[27日12時24分]
とろたく(記憶喪失)>>設置お疲れ様です! エキシビジョンにひたすらほっこりしました。投票はまた後ほどさせていただきます~。[27日01時14分]
弥七>>こちらは投票用のサブ会場となります![27日00時10分]
弥七>>よろしくお願いします![27日00時10分]
【劇団ココナッツ🌴】『おそいこぐみのななみちゃん』

・猫風船(ネコフウセン)/学名:Icarus cattus
長毛種のイエネコの一種。ラテン語で『イカロスのねこ』。原理は不明だが、毛の間に空気中の原子を蓄え空に浮かぶことができる。また周波数の合う人間に限り、意思疎通が可能である。
ーーーーーーーーーー

ここは、人間と猫風船が一緒に暮らす世界。

これから始まるのは、『やしちほいくえん』の子供達が創りだす、不思議な不思議な物語。

みんなお布団には入ったかな?歯もちゃんと磨いた??

準備ができたお友達から、ページをめくってくださいな^ ^










12月24日、いつかのクリスマスイブ。④


『やしちほいくえん』の運動場に一本の大きな樅(もみ)の木がやってきました。

園舎の天井に届くくらい立派な背丈に、先生たちが両手を広げても余るほど伸びた枝。

これから飾り付けをしてクリスマスツリーにするのです。

きっとくりす先生「はい並んで並んでー、順番ですよー。」

サンタやトナカイの人形、雪だるま、はたまた仮面ライダー①や自分の好きなアニメのキャラクターなどなど。

工作の時間、子供達は思い思いに作った飾りを先生に手渡しながら、みんなでツリーの完成を楽しみにしていました。

子供達の中のひとり。うみちゃんも毛糸玉で作った大好きな「猫風船」に紐をつけて、自分の番を待っていました。

そんな時、事件は起こったのです。





がっしゃあああああん!!





きっとくりす先生「いったい、どうしたんですかー?」
みづ先生「七海ちゃん大丈夫!?ちょっと弥太郎君ッ!何してるの!!」

とても大きな音がしたので、二人の先生が慌てて駆けつけました。

うみちゃんが驚いて振り向くと地面に倒れている友達の七海ちゃんがいました。その横には弥太郎君の姿が。手には自分で作った七面鳥のお飾りが握られていました。きっとそれで叩いて彼女を転ばせたのでしょう。⑤

彼女はすぐに起き上がりました。

ななみ「ヤタローの嘘つき!!」
ヤタロー「ウソなんかついてねーよーだ!!」

先生たちが止めに入った後も、二人のケンカはおさまりませんでした。

ななみ「サンタさんは絶対いるもーーん!!」
ヤタロー「いねーよサンタなんか」
ななみ「ヤタローの嘘つき!!」
ヤタロー「ウソじゃねー!!」
ななみ「嘘つき!!」

ぱん、と彼女の手が彼の頰に当たりました。弥太郎君はキッと怖い顔をすると、七海ちゃんに向かってこう言いました。

ヤタロー「ばーか、サンタはなー本当はトーチャンなんだぞ。ななみはトーチャンがいないから、ぜってーサンタなんかこねーやい!!」
ななみ「う…」

みづ先生「いい加減にしなさい!!!」

先生が怒ったので、やっと二人のケンカがおさまりました。それからみんなは教室に戻りましたが、足を怪我していた七海ちゃんはきっとくりす先生と保健室に行きました。










きっとくりす先生「…まだ痛みますかー?」
ななみ「んーん。ありがとう、先生…」

彼女がぐすぐすと泣くので、先生はしばらくここにいましょうねー、と言いました。

ななみ「う…ヤタロー、なんであんなひどいこと言うの…?」
きっとくりす先生「わー、えーと、なんででしょうねー?②」

七海ちゃんの手には、まだ渡していなかったサンタクロースの飾りが、しっかりと握られていました。土が被り汚れてしまった人形を愛おしそうに、しかし今は幾ばくかの疑いの目を持って彼女はそれをみつめていました。

ズキズキと痛むのは、きっと足だけではないのでしょう。彼女は先生に思い切って聞いてみることにしました。

ななみ「せんせえ、私には、サンタさんは来るのかな??」

たどたどしく言葉を探しながら、七海ちゃんはゆっくりとしゃべり始めました。

ななみ「私のパパはお星様になったって、ママが言ってた。今はお家にママしかいないから、もしパパがサンタさんなら、私の所には来ないのかなって。だから、私はサンタさんに、会えないのかな?」
きっとくりす先生「…七海ちゃんはどう思いますかー?」

彼女が自分のスカートの裾を掴みました。同時に手に持った人形が苦しそうにきゅう、と鳴きます。

ななみ「…わかんない。」

うーん、と先生は腕組みをしながら、天井を見上げました。七海ちゃんはでもね、と続けて言いました。

ななみ「でもパパは、私がいい子にしてたら必ずサンタさんはやって来るんだよって言ってた…パパはヤタローみたいに嘘つきなんかじゃない。」

先生の方を見る彼女の目は本当に純粋でした。

ななみ「私、パパのこと信じてるから。だから、サンタさんに会いたいの。」
きっとくりす先生「じゃあとっておきの『おまじない』がありますよー。」
ななみ「!」

にっ、と先生は七海ちゃんに笑って見せました。

きっとくりす「昔から『いちばん星に願いを』と言いましてー。夜になって最初に現れた星にお願いするんです。ただしお願い事はひとつだけ、よくばりしちゃだめですよー?⑥」
ななみ「私、サンタさんに会いたい。」
きっとくりす先生「そうそう、それだけです。」

七海ちゃんはうん、とうなずきました。

きっとくりす先生「大丈夫、このおまじないは結構効くんですよー。あ!『星に願いを』といえばですねーむかしアニメCDの美少女戦士セーラームーン セーラースターズ メリークリスマスでセーラーマーズの火野レイ(富沢美智恵)が歌ってましたねー。結構かっこよかったんですけど途中の間奏で入る寸劇が子供子供していてちょっと残念でしたーどうせなら曲間に入れてくれてた方が……」(メチャハヤクチ)
ななみ「……?」

最後のお話はさっぱりでしたが、七海ちゃんは先生のおまじないを信じることにしたようです。










彼女が教室に戻ると、もうすっかり帰りの会が終わっている時間でした。

弥太郎君は七海ちゃんが戻ってくるのを待っていて、「あんなこと言わなければよかった⑨」と謝りましたが彼女はうわの空でした。そうして彼が帰ると、教室にはうみちゃんと七海ちゃんだけが残りました。


そう、二人は『おそいこぐみ』のおともだち。


お仕事などで親御さんが遅くなってしまう子供達は、保育園が終わった後も教室に残り、遊びながらお迎えを待つことになっているのでした。

うみちゃんはいつものように、保育園で飼われている「猫風船」の長毛をブラッシングしながらお父さんお母さんを待っていました。

彼女は時折、七海ちゃんの方を気にしました。

七海ちゃんはじっと窓の外の景色を眺めています。ガラスに反射してこちらに映る顔は白い吐息で現れたり消えたり。その顔は不安げで、とても悲しそうに見えました。

その姿を見て、うみちゃんはみづ先生を呼びました。

うみ「先生。」
みづ先生「うん、『いちばん星に願いを』だって。素敵なおまじないだね。」

先生も猫風船を撫でながら、うみちゃんの隣に座りました。

みづ先生「今日は、いろんなことがあったね。うみちゃん、びっくりした??」
うみ「うん…ななみちゃん、サンタに会えるといいねぇ。」
みづ先生「そうだねぇ。」

先生は猫風船のお腹をこしょこしょと触りました。膝の上でから逃げることもなく気持ちよさそうにただされるがままにしています。

うみ「ねぇ先生」
みづ先生「なあに?」
うみ「先生って、サンタ見たことある??」

先生は少し考えてから、話し始めました。

みづ先生「私は…見たことないなぁ。先生むかし、何度もサンタクロースを捕まえようとしたの^ ^だからクリスマスになると決まって夜更かししようと思ってたんだけどできなくって。いつも目が覚めたら枕元におっきなプレゼントがあったから、ああ、今年も会えなかったんだって。」

悔しかったなあ。と言いながら先生はくすっと笑いました。

みづ先生「結局まだ会えてないけど。先生は、サンタクロースのこと信じてるよ。そんな心、みんなにもずっと持っていてほしいなあ③。自分が見たことないものを否定したり信じなくなったら、きっとそれきりでつまらないでしょう?」
うみ「でも、先生も見たことないなら、ななみちゃんも会えないんじゃ…」

大丈夫。うみちゃんの頭にぽんと手をのせました。

みづ先生「七海ちゃんはきっとサンタクロースに会えるよ。それに、うみちゃんは…もしかして忘れちゃったのかな。」
うみ「???」

みづ先生「*********」

そのまま両手でうみちゃんを抱き寄せて、先生は耳元で何か言いました。










聖夜の帳が降りる頃。


ぼんやりオレンジ色に焼けた夕日が沈み、街や遠くの山々はカーテンがかかったように、暗闇に移り変わっていきました。鳥は巣に帰り、夕月が徐々にその輪郭を取り戻すと、辺りは独特の静けさに包まれました。

するとどうでしょう。

まるで綿花のようにふわふわと舞う雪の結晶が、空から溢れてくるではありませんか。

きっとくりす先生「わー、ホワイトクリスマスとは、オシャレですねー。」

最初はみんなで初雪を興味深々で見ていましたが、そのうち七海ちゃんは顔を青ざめてこう言いました。

ななみ「星が…どれがほしだか、わからなくなっちゃった…。」

降り始めた雪のせいで、夜空は真白に輝く点々に埋め尽くされていました。これではいちばん星を探すどころか、月さえどこにあるのかわかりません。

ななみ「いちばん星が…私のおまじまいが…」

再び涙が落ちました。うみちゃんはそんな姿を見ながら、おまじないの言葉を思い出しました。


ーーー夜になって最初に現れた星にお願いする。


彼女は教室の隅で寝ている猫風船に飛びつくと、必死に訴えました。

うみ「お願い、私たちを、ほいくえんの屋上まで連れてって!!」

猫風船は少しびっくりしたものの、めんどくさそうに彼女にだけ聞こえる声で答えました。
( ФωФ )~(ウミ フトッタカラ ヤダ。ナナミハ イイ。)

急いで空中に逃げようとする猫風船の尻尾をむずと掴み、七海ちゃんに向かって手を差し伸べました。

うみ「ななみちゃん、私の手を握って!」

おずおずと七海ちゃんはその手を取りました。二人の子供を吊り下げて、猫風船は渋々と屋上へ登っていきます。

『やしちほいくえん』の運動場には一本の大きな樅の木がありました。

園舎の天井に届くくらい立派な背丈に、先生たちが両手を広げても余るほど伸びた枝。

みんなで飾り付けをした、素敵なクリスマスツリーがそこにあったのです。

うみ「先生ーー!明かりつけて!!」

屋上の高さにまで届いた頃、うみちゃんは足をばたばたと動かしながら、眼下にいる先生たちに向かって叫びます。

ななみ「きれい…」

彼女たちは見つけました。ほうき星のように、樅の木の周りでくるくるとらせんを描きながらこちらにやってくる光。それは二人のすぐ目の前で止まりました。クリスマスツリーの頂上、眩いくらいに煌めく星が、そこには確かにあったのです。うみちゃんは笑って言いました。

うみ「ほら、『いちばん星に願いを』、だよ。」
ななみ「うみちゃん、あ…」

振り向いてありがとうを言おうとした瞬間、思わず息を飲みました。

繋いだ温かな手の先⑦、瞳に映る光景に彼女は何を思ったのでしょうか。

そこには空を駆けるけむくじゃらの猫風船と、頰を真っ赤に染めたうみちゃん。まるで絵本から飛び出したように、雪降る聖夜にその姿が浮かんでいました。

おおきなつのはないけれど。

しろいおひげはないけれど。

パパ、私はやっと、会えました。

七海ちゃんの目からは、涙が溢れて止まりませんでした。










きっとくりす先生「どうしたんですかー?昔のアルバムなんか取り出しちゃって。」
みづ先生「なんかね、急に懐かしくなっちゃって。…あ、これこれ。」(パラパラ)

一枚の顔写真と、その下に書かれていた文章を見つけました。

きっとくりす先生「ところでみづさんはー」

夜空に浮かんでいる二人を見上げながら、先生はたずねました。

きっとくりす先生「あの時、うみちゃんになんて言ったんですかー?」
みづ先生「ああ、それはですね…」

ーーーーーーーーーー

わらしのしょうらいのゆめ
わらしは おおきくなったら みんなに
ぷれぜんとをあげる さんたさんに なりたいです

うみ

ーーーーーーーーーー

みづ先生「…うみちゃんだって、優しい心があれば誰かのサンタさんになれるんだよって。」
きっとくりす先生「なるほどー。サンタを信じる心が、未来のサンタを産むわけですか。ミイラならぬ、『サンタ捕りがサンタ』ってことですねー。」
みづ先生「さっきの話、聞いてたんですか!?」

まあまあ、とポケットからおもむろにカメラを取り出しました。

きっとくりす先生「じゃあ今日はー、うみちゃんサンタさん記念ってことで、『おそいこぐみ』のみんなでお祝いしましょうねー。」

ぱしゃり。

思い出のアルバムに、また大切な写真がひとつ増えたのでした。










雪降る夜空、『やしちほいくえん』のはるか上空。

なんにもないその場所に、一人の男の人が立っていました。

?「七海、本当に大きくなって。クリスマスプレゼントのつもりだったけど、初雪は逆効果だったみたいだな。ごめんよ。」

その姿はゆらゆらと半透明で、はっきりとわかりませんが、笑っているようにも、少し寂しそうに泣いているようにも見えます。

?「うみちゃん、っていうのか。素敵な友達ができてよかったな。…弥太郎は絶対許さないけど。」

足元から少しづつ、身体が消え始めています⑩。彼は名残惜しそうに残っている腕を伸ばして言いました。

?「本当は直接会いたかったが、まあ、顔が見れただけでも満足としよう。それじゃあ……んん???」


うみ「降ろして降ろして降ろしてーーー!!!」
ななみ「きゃああああああっ!!!」
( ФωФ )~(ネコフウセン オイラハキュウニ トマレナイ。)


ものすごいスピードで、こちらへ突っ込んでくる毛玉と二人の少女。

ボフンという音とともに、男の真横を通りすぎていきました。

ななみ「あ!!!!」
うみ「ななみちゃん、なにーーー!!?」










ななみ「いま、パパのにおいがしたの!!」⑧

(おしまい)(この物語はフィクションです。)
(4957文字)(要素:①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩)

簡易解答:今夜はクリスマスイブ。サンタクロースが自分の元にくるように『いちばん星にお願い』をしようとした七海であったが、雪が降り始め夜空が真っ白に染まり見えなくなってしまった。そこで私(うみちゃん)は彼女の手を引き屋上に連れ出すことで、代わりに頂上で輝くクリスマスツリーの星を見せてあげようとしたのだった。

ーーーーーーーーーー
【劇団ココナッツ🌴】
・弥太郎役(弥七)
・きっとくりす先生役(きっとくりすさん)
・みづ先生役(みづさん)
ふたりにSpecial Thanks!!!

あーんどZenigokEさん「猫風船」をありがとう!^ ^
この謎解きを評価しよう!トリックと物語で良かったら1票分。全体評価で特に良かったら3票分イイネができます。
現在(トリック)イイネはありません。
現在( 物語 )イイネはありません。
現在( 納得感 )イイネはありません。
現在(全体評価で特にイイネ)はありません。