靴下さんのプロフィール

取得した称号:[1問出題][1問正解][10回良質問][ラテアート][10問出題][10ブクマ][令和]登録日:19年02月01日18時23分03秒
問題数:12
質問数:146
良い質問数:48
正解数:6
Good数:3
チャット発言数:0


問題作成はさることながら、タイトルに凝りたいと思う今日この頃。
でもタイトルはミスリードが多い、というね。

ちなみに、英語圏ではミスリードのことを「Red Herring(赤いニシン)」と言うらしい。アナグマを探索するための猟犬を訓練するために使う、ニシンの燻製のこと。匂いの強いニシンの燻製をアナグマの巣と反対方向に引きずって匂いをつけておく。それでもちきんとアグナマの匂いを判断して、巣まで飼い主を誘導するように訓練をするらしい。猟犬を「間違った方向に誘導する(ミスリード)」という意味から派生して、小説や映画、もといウガミメのスープでのミリスードのこともひっるくめて赤いニシンと呼ぶようになったそう。













...上の文章を普通に読んだあなた、細部まで読むとちょこちょこ文字の順番がおかしくなっている箇所があることにお気づきですか? 例えば、最後に出てきた「アナグマ」は、よく読むと「アグナマ」になっています。意外と気づかずに読めてしまうものなのです。人間の脳は簡単に騙されてしまいますね。

ちなみにこの現象は赤いニシンなんかではなく、タイポグリセミアと言うようです。「へー、これも赤いニシンなのかー」とうまくリードされてくれたら幸いです。