(今、9人いるよ)
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録
特別な朝」のGoodトリック・物語・納得で良かったら1票分。全体評価で特に良かったら3票分Goodができます。
ラテはいつも通り、時計のアラームで目を覚ました。
部屋は冷え冷えとしていて、寝床の温もりが愛おしい。
未練を振り切るように伸びをし、ベッドの外に足を降ろした。

その途端、素足に何かが触れて壊れ、軽い音を立てた。
えっ 痛い?!なんだろう。

メガネを取りに行こうと恐る恐る踏み出す一歩ごとに、
それは足元で軽快な音をたてて折れていく。

ラテは困惑したが、あることを思い出して合点した。

そうか!今日は―



メガネをかけて部屋の窓を開けるラテ。

窓の外には、何が見えたでしょう?
18年11月11日 11:11 [輪ゴム]
【ウミガメ】
トリック部門
物語部門
納得感部門
良質部門