(今、3人いるよ)
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録
ガラスの靴は儚くて」のGoodトリック・物語・納得で良かったら1票分。全体評価で特に良かったら3票分Goodができます。
王子と幸せそうに踊っていたシンデレラは、12時の鐘の音を聞くや否や王宮を飛び出してしまいました。
急いで追いかけた王子でしたが、見付けられたのは階段に残されたガラスの靴の片方だけでした。

翌日。ガラスの靴を持ち、王子は家臣たちと共に市街に来ました。
広場に皆を集めると、「このガラスの靴が履ける者こそが昨夜の美しい娘であり、私はその娘と結婚する」と王子は言いました。

町中の娘が順番に片足を差し出し、家臣がその足にガラスの靴を履かせようとしますが、履ける者は現れません。
そんな中、一人の娘がムキになって自ら無理矢理に履こうとした結果、ガラスの靴は砕け散ってしまいました。


不測の事態に慌てる家臣たちでしたが、王子はハッと閃きます。
広場の傍にある靴屋から、年頃の娘では見るからに履けない子供用の靴を片方だけ用意させると、王子は昨夜の娘探しを再開させました。


はて、王子はどうやってシンデレラを見付け出すつもりなのでしょうか?[編集済]
21年03月12日 22:00 [異邦人]
【ウミガメ】

ご参加感謝! ヒントが欲しい方はお気軽にどうぞー。

トリック:1票物語:2票納得:2票
トリック部門
ほずみ>>コメントなし
物語部門
トトノ>>コメントなし
おだんご>>コメントなし
納得感部門
Δ>>いかにも不思議な文章は、題材が身近なシンデレラというのもあり、人を惹きつけるものがあると思いました。
ひゅー>>コメントなし
良質部門