プレミアム会員特典「コード配布」
(今、12人いるよ)
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録

ぶるぶるほうし

西暦30XX年、宇宙の旅。
宇宙を股に掛ける人類は、ナモナキ星という星を調査対象とした。

真空容器に詰めた食糧を先に送り、調査チームが後追いでナモナキ星へと向かった。

到着した調査チームは、真空容器に入っていたパンがカビていたことを発見した。
宇宙船にはナモナキ星に到着するまでの食糧しか積んでおらず、正直腹ペコだった。
しかし、カビたパンは食べられないにも関わらず、チーム一同は肩を抱き合って喜んだ
いったいなぜ?
20年09月08日 21:38 [ちくたく]
【他ユーザーの監修済】【ウミガメ】

カビたパンをスープにしたかったんだ。カビ培養SP・休み鶴さんサンクス!

ナイススナイプ
一撃必殺
キャノーキャノン
SP部屋問題
No.1[キャノー]09月08日 21:3909月08日 22:08

水が存在することが証明されたので、人類が住めると分かったからですか?

ナイススナイプ!キャノーキャノンの命中率低いって言ったのウソじゃん!バカバカ! [正解]

4

No.2[水平太郎☆]09月08日 21:4009月08日 21:43

真空で生存する微生物が居ることが確認できたからですか?

NO!むしろ逆です! [良い質問]

参加者一覧 2人(クリックすると質問が絞れます)

全員
キャノー(1正:1)
水平太郎☆(1良:1)
西暦30XX年、地球から飛び出した人類・ラテラテン族は、新たな居住星を探して地球から飛び出した。
その中で発見した、地球に環境が比較的似ている星…。名前のないその星はナモナキ星と名付けられた。

実際に乗り込むために、調査チームはまず真空容器に様々な荷物を入れてナモナキ星に送った。

現地に到着した調査チーム。食料も尽きかけて腹ペコである。
そこで調査チームは衝撃の光景を目にした。

真空容器がひびわれているのだ…!これでは中の食料はダメになっている…。
一同は落胆した。

しかし、あるメンバーが気づいた。
「このパンってカビてませんか?」

カビが繁殖するには一定の湿度、気温、酸素が必要である。
パンがカビているということは、かなり地球の環境に近いという事なのだ。
さすがにパンは食べられないが、人が住める可能性が高い星だと判断し、一同は肩を抱き合って喜んだのだった。

「あれ?チーズもかびてるな。これも捨てちまうか!」ぽいっ
「おい、荷物の中にブルーチーズがあるはずだけど誰か知らないか?」

要約
カビが繁殖するということは地球の環境に近いので住めるかも!と喜んだ
20年09月08日 21:38 [ちくたく]
相談チャットです。この問題に関する事を書き込みましょう。
水平太郎☆>>ありがとうございました~ 新発見じゃなかったか~[08日21時46分]
キャノー[『★良質』]>>出題ありがとうございました!カビの発生理由を簡単にググれる現代を恨みな![08日21時45分]
4
休み鶴>>ちくたくさん、出題お疲れさまでしたカビ!キャノーさんお見事な一撃でしたカビ~!![08日21時45分]
ちくたく>>ご参加のお二人、ありがとうございました!カビは早めに除去しないとね…[08日21時44分]
キャノー[『★良質』]>>参加します![08日21時39分]
休み鶴>>観戦するカビ~[08日21時39分]
ちくたく>>ご参加の皆様、ありがとうございます!SP休み鶴さんありがとう![08日21時38分]
SPをしてもらったユーザーに感謝状を送ろう!(SPとは?)感謝状の数に応じて、送った人・送られた人に称号ゲットのチャンス!
休み鶴さんに感謝状を送りました。
この問題が良かったらGoodしよう!Goodする・みんなのコメントを見る