(今、3人いるよ)
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録

いつかどこかの

とある国に魔女がいました。
彼女は結界を張ったり人の心を読む不思議な力があり、年を取るのもゆっくりでした。
王様は勇者に魔女を殺すよう命じました。
人々は王様の国が滅んだのは魔女のせいだと言いました。

状況を補完してください。
19年10月23日 14:27 [きの子] [200回良質問]
【ウミガメ】

解説に要約付きです

No.1[三日半月]10月23日 14:3110月23日 14:41

魔女は死にましたか?

YES 死にました [良い質問]

No.2[moti]10月23日 14:5010月23日 15:09

王様が魔女を殺させた理由は重要ですか?

YES 王様は私利私欲に走りました [良い質問]

No.3[たいちゃ]10月23日 15:0110月23日 15:09

魔女と勇者は、会話をしましたか?

YES! それどころかしばらく一緒に暮らしていました [良い質問]

No.4[たいちゃ]10月23日 15:0310月23日 15:12

実際には、魔女がその国を助けていましたか? [編集済]

YES!!結界で国を魔物や他国の侵略から守っていたのですが、 [編集済] [良い質問]

No.5[三日半月]10月23日 15:1010月23日 15:13

勇者は魔女を殺しましたか?

NO 魔女は絶望して自ら命を絶ちました [良い質問]

No.6[moti]10月23日 15:1310月23日 15:15

魔女を殺した事で王様は一時的に利益を得ましたか?

王様視点ではYESだったのですが… [良い質問]

No.7[moti]10月23日 15:1710月23日 15:24

魔女が張っていた結界は王様に不利益も与えていましたか?

NO 結界による不利益は全くありませんでした

No.8[こんもりご飯]10月23日 15:1910月23日 15:21

魔女は勇者の心を読んで絶望しましたか?

YESNO 決定打はある光景を見てとどめを刺されたからです [良い質問]

No.9[こんもりご飯]10月23日 15:2010月23日 15:21

王様の国が滅ぶ前も人々は魔女を嫌っていましたか?

YES 大した理由もなく

No.10[moti]10月23日 15:2110月23日 15:24

7より、結界以外の力が王様に不利益を与えていましたか?

NO 魔女が死ぬことにより利益が得られると王様は考えました [良い質問]

No.11[moti]10月23日 15:2410月23日 15:25

人々や王様は国が魔女によって守られていることを知っていましたか?

NO! 全く知りませんでした [良い質問]

No.12[たいちゃ]10月23日 15:3210月23日 15:45

魔女と勇者は深い男女の仲でしたか?

YES 討伐に来てからそういう仲になりました [良い質問]

No.13[こんもりご飯]10月23日 15:3810月23日 15:39

魔女が死ぬ前に勇者は死にましたか?

NO 最終的には行方知れずですが

No.14[三日半月]10月23日 15:4110月23日 15:43

魔女が死ぬことで王様は自分も特別な力が得られると思っていましたか?

YES!その力を得るための具体的な方法とは何でしょう? [良い質問]

No.15[三日半月]10月23日 15:4410月23日 15:45

魔女の命というより魔女の肉体が必要でしたか?

YES!! [良い質問]

No.16[こんもりご飯]10月23日 15:5110月23日 15:53

カニバりますか…?

YES… [良い質問]

No.17[三日半月]10月23日 15:5110月23日 15:55

勇者は魔女を逃がそうとしましたか?

NO 言い出せずにズルズルしていたら追手が来てしまいました

No.18[moti]10月23日 15:5510月23日 15:57

魔女は王様に力が渡るのを阻止しようとしましたか?

NO じつはそもそもカニバったところで力は渡りっこなかったのです [良い質問]

No.19[三日半月]10月23日 16:0110月23日 16:04

魔女が絶望したある光景に勇者は関係しますか?

NO寄りのYESNO 王様の追手がやらかしました [良い質問]

No.20[こんもりご飯]10月23日 16:0110月23日 16:04

魔女の結界が解かれたせいで国が滅びましたか?

YES!魔物や周辺国に攻められました [良い質問]

No.21[たいちゃ]10月23日 16:0210月23日 16:04

魔女の心臓を食べれば、自分にもその不思議な力が身につくなどと、王様は考えていましたか?

YES!! [良い質問]

No.22[三日半月]10月23日 16:0710月23日 16:10

追っ手が勇者に何かしたので魔女は絶望しましたか?

NO 勇者とは別の魔女にとって大事な人たちに… [良い質問]

No.23[三日半月]10月23日 16:1310月23日 16:17

大事な人たちとは国に住む一般の人々のことですか?

NO 彼女とともに暮らしていた養い子達です [良い質問]

No.24[こんもりご飯]10月23日 16:1410月23日 16:17

王様は人々に嘘をついて魔女を悪者に仕立てあげましたか?

YESといって良いでしょう

No.25[三日半月]10月23日 16:1910月23日 16:24

魔女は追っ手が魔女の養い子達を殺したことに絶望しましたか?

YES!自分の命と引き換えに助命を嘆願しようとしていた矢先の出来事でした [編集済] [良い質問]

No.26[三日半月]10月23日 16:2710月23日 16:33

追っ手の目的は魔女を殺してその心臓を持ち帰ることではありませんでしたか?

NO 魔女を殺して心臓や血肉を持ち帰ることが目的でした [良い質問]

No.27[こんもりご飯]10月23日 16:2710月23日 16:33

王様は魔女の力を得るために勇者を魔女の元に送ったが勇者は魔女と恋に落ち一向に殺す様子がなかったので王様は手下を向かわせた。しかし手下は魔女の養い子を殺してしまいそれを見て絶望した魔女は自ら命を絶った。王様は魔女の死体を食べたが力は得られず、魔女の結界が解かれたことで国は攻められ滅びてしまった、全ては王様のせいだが王様は魔女のせいにして、国民はそれを鵜呑みにし魔女のせいで国が滅びたと言った。でしょうか…?

正解とさせていただきます! [正解][良い質問]

参加者一覧 4人(クリックすると質問が絞れます)

全員
三日半月(10良:9)
moti(6良:5)
たいちゃ(4良:4)
こんもりご飯(7良:4正:1)
※要約※
国を守っていた魔女をそうとは知らず、
自身の不老不死のために王様が勇者に討伐を命じ、
魔女に惹かれのちに真実を知った勇者が王様を殺害。
国を守る結界も王様もなくしたその国は魔物や周辺の国々によって滅び、
当時の人間は突然起きた災いを「魔女を殺した呪いだ」と言い合った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


いつかの時代、どこかの国でのお話です。


奥深い森の中の塔で、国を守る結界を張り続けていた女性がいました。
人前に姿を現すことのなく、いつしか人々は彼女を魔女と呼び始めました。
そして疫病や災害が起きるたびに、
彼女が何をしているのか知らないのに人々は魔女のせいにし始めました。

ある日、王様は勇者に魔女の討伐を命じました。
王様と自分の正義を疑ってもいなかった勇者はそれを有難く拝命しました。
しかし、とある森にいるらしい、という話しか聞かされずに送り出された勇者は、
案の定森の中で迷ってしまいました。

たまたま通りかかった魔女の養い子達に見つかり、魔女たちの住む小さな村に勇者は迎えられ、
そこで勇者は魔女に出会いました。

それから、魔女といろいろな話をしました。
自分はこの森に棲んでしばらく経つこと、
子供たちは森に捨てられていたのを保護して育てていること、
もうすぐ独り立ちできる年齢になっても誰も「ここが良い」と言ってくれること

――自分たちがここに住んでいることは、誰にも言わないでほしいこと。

すぐに勇者は目の前の女性が討伐対象の魔女であることに気づきましたが、
素知らぬ顔で彼女の暮らす塔で生活を共にし始めました。
少しでも情報を集めようと思ったからです。
決して魔女に心を惹かれたからではないと勇者は思っていました。

魔女とその養い子たちとの暮らしは穏やかで優しいものでした。
勇者は自分は死んだことにしてひっそりとここで暮らすのもいいかもしれないと思い始めました。

そんな暮らしがしばらく続いた頃、
夜明けに塔の周辺がきな臭いことに気づき二人が下を見下ろすと、


子供たちの暮らす家々に火が付けれらていました。
放火なのはあきらかでした。
助け出そうにも、あの状態の家の中にいたのでは絶望的でした。


中々帰ってこない勇者にしびれを切らした王様が兵士を寄こしたのです。

二人のいる塔を兵士が取り囲み、今にも入り込んで来そうでした。

下の惨状に生きる気力をなくした魔女は勇者の短剣で自ら命を絶ちました。
しばし呆然としていた勇者は、机の上に自分宛ての手紙があることに気づきました。


『貴方の目的が私の殺害であることは最初から知っていました。
それであなたが目的を達成できるならそれでかまいません。
貴方になら殺されてもいいと思えたからです。
私には国を守る結界のほかに人の心を読める能力と年を取りにくい外見があり、
それ故に人里離れて暮らしてきました。
それに噂の中で私の心臓や血肉を食べれば不老不死になるといった話があるそうですね。
何人も何人もそれを目当てにやってくる人間がいて、
私を悪者にして英雄ごっこをする人達に疲れてしまいました。
それでも、あの子たちは何の罪も無いのです。どうかご寛恕を願います。』


ああ、最初からお見通しだったのか―――

「先生にウソを言っちゃダメなんだよ」「すぐにバレるもん」
と子供たちが言っていたのもこれで合点がいった。

体から力が抜けベッドに座り込んでいた勇者は魔女の亡骸ごと王城に連行されました。


数日後、自分の不老不死が現実になると上機嫌な王様に謁見した際に

「魔女はこの国を守る結界を張っていたそうです。ここ数日の魔物の急増もその影響かと」

と感情を押し殺しながら勇者が伝えると、

「その様な戯言を!化け物は退治されても文句は言えまい

という王様の言葉を聞き、

ーーーそうか、ならばいま己の眼前にいる化け物は屠らねばならぬ

勇者は目の前の王を名乗る化け物めがけて剣を振りおろしました。



誰が悪かったのでしょう。
真実を直接告げずに死んでいった魔女でしょうか。
愛した魔女を守れなかった挙句逆上した勇者でしょうか。
欲に駆られて勇者をけしかけた王様でしょうか。

誰が悪かったとしてももうどうにもなりません。

結界も王様もなくしたその国は魔物や周辺の国にあっという間に滅ぼされてしまいました。
その国の人間は突然起きた「勇者様のご乱心」といった災いを「魔女の呪いだ」と口々に言い合いました。

勇者と呼ばれた男の行方も、わかっていません。
19年10月23日 14:27 [きの子] [200回良質問]
相談チャットです。この問題に関する事を書き込みましょう。
こんもりご飯>>ごっつぁんゴールしてしまってごめんなさい…!出題ありがとうございました!楽しかったです!(*´ω`)[23日17時04分]
たいちゃ>>美しいおとぎ話の真実は、こういうものなのかもしれませんねぇ。きの子さん、ご出題ありがとうございました。こんもりご飯さん、正解おめでとうございます。[編集済] [23日16時41分]
きの子[200回良質問]>>こんもりご飯さん、FAおめでとうございます!ご参加いただいた皆様ありがとうございました~[23日16時38分]
きの子[200回良質問]>>こんもりご飯さん、ご参加ありがとうございます![23日15時17分]
こんもりご飯>>参加させていただきます![23日15時16分]
きの子[200回良質問]>>motiさん、たいちゃさん、ご参加ありがとうございます![23日15時07分]
たいちゃ>>参加させてください。[23日14時59分]
moti>>参加します![23日14時49分]
きの子[200回良質問]>>三日月半さん、ご参加ありがとうございます![23日14時41分]
三日半月>>参加します[23日14時30分]
ゲストの方は発言できません、ログインまたは登録してください。
この謎解きを評価しよう!トリックと物語で良かったら1票分。全体評価で特に良かったら3票分イイネができます。
現在(トリック)イイネはありません。
現在( 物語 )イイネはありません。
現在( 納得感 )イイネはありません。
現在(全体評価で特にイイネ)はありません。