(今、17人いるよ)
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録

”Where is Dad?”

まだ冬と呼ぶには少し早い11月20日。神奈川に今年初めての雪が降った。神奈川県で11月に降雪が観測されるのは実に18年ぶりのことであった。

そんな雪の日に、女子高生の雪子は生まれて初めて父の名前を口にした。 一体、彼女に何があったのだろうか?


(SP:アルバートさん! 感謝です!!)
20年09月06日 00:12 [異邦人]
【他ユーザーの監修済】【ウミガメ】

SP:アルバートさん! ありがとうございます!

SP部屋問題
No.1[ルーシー]09月06日 00:1509月06日 00:18

雪子は父の名前を知っていましたか?

NO!! 良い質問です! [良い質問]

No.2[とかげ]09月06日 00:1609月06日 00:18

ボジョレー・ヌーボーは関係しますか?

NO お酒は関係しません。

No.3[手弁当]09月06日 00:1809月06日 01:36

「滑る」とか「寒い」とかの雪に関連する評価語が、父親の名前の発音と同じでしたか?

んー、質問的にNOかな? 偶然父の名を口にしたわけではありません

1

No.4[とかげ]09月06日 00:1809月06日 00:20

父の名前にも「ゆき」が含まれますか?

YES!! 良い質問です! [良い質問]

No.5[ルーシー]09月06日 00:2009月06日 00:21

雪子は11月生まれですか?

YES! 重要です! [良い質問]

No.6[なこ]09月06日 00:2009月06日 00:21

名前を呼んだ時父親はそばにいましたか?

NO!

No.7[とかげ]09月06日 00:2209月06日 00:23

雪子が父の名前を口にしたとき、それが父の名前だとわかっていましたか?

YES!

No.8[なこ]09月06日 00:2309月06日 00:26

雪子にとって初めて体験する雪でしたか?

うわー、ある意味YES!! 雪自体は今までにも見たことがありますが! 良い質問です! [良い質問]

No.9[とかげ]09月06日 00:2309月06日 00:27

父は死んでいますか?

NO! それが重要かは、うーん、どうでしょう・・・?

No.10[なこ]09月06日 00:2409月06日 00:27

母親の存在は重要ですか?

YES!!! 重要人物です! [良い質問]

No.11[執事アーノルド]09月06日 00:2509月06日 00:27

父親に実際にあっているわけではないですね?

YES! 会ってはいません。

No.12[執事アーノルド]09月06日 00:2509月06日 00:27

ゆきだー!!!と叫んでいますが意図せず父親の名前になりましたね?
[編集済]

NO 偶然ではありません

No.13[とかげ]09月06日 00:2809月06日 00:30

18年前の11月20日、11月にしては珍しく雪が降ったその日に産まれたのが雪子ですか?

クリティカル!!! NOです!!(ミスリード注意!) [良い質問]

No.14[執事アーノルド]09月06日 00:3009月06日 00:31

今まで父親の名前を知っていても彼女は呼ばなかったのですね?

NO! 今までは父親の名前を知りませんでした! No.1参照です!

No.15[なこ]09月06日 00:3109月06日 00:34

初雪にざわめく町で見覚えのあるスカイブルーのマフラーを目撃しますか?

NO! 何か分かってないけど多分NO!

No.16[とかげ]09月06日 00:3209月06日 00:36

雪子は父親と一緒に暮らしていますか?

NO!! 良い質問です! [編集済] [良い質問]

No.17[ルーシー]09月06日 00:3309月06日 00:35

11月の降雪が30年ぶりで、雪子が30才の設定でも成立しますか?

NO!! それでは成立しません!!

No.18[なこ]09月06日 00:3309月06日 00:35

父親の名前を彼女に教えたのは母親ですか?

YES! [良い質問]

No.19[ルーシー]09月06日 00:3309月06日 00:35

雪子は父の名前を母から聞いて知りましたか?

YES! [良い質問]

No.20[とかげ]09月06日 00:3809月06日 00:39

雪子の名前に「雪」があるのは、産まれた日に雪が降ったからではなく、父親の名前からとったからですか?

YEEEEES!!! [良い質問]

No.21[ほずみ]09月06日 00:4009月06日 00:41

舞台が神奈川県なのは重要ですか?

11月に滅多に雪が降らないので選ばれました。という意味で重要です

No.22[とかげ]09月06日 00:4109月06日 00:42

雪子は義理の父親と一緒に暮らしていますか?

NO!!

No.23[なこ]09月06日 00:4209月06日 00:44

雪子は13のような勘違いをして母親に自分の名前の由来を尋ねたため、母が本当の由来を教えましたか?

NO! 雪子が勘違いしていたのではありません! が、雪子がNo.13のように思っていたのはYES!! [良い質問]

No.24[ほずみ]09月06日 00:4409月06日 00:45

雪子の母が父の名前を教えたきっかけは重要ですか?

YES! [良い質問]

No.25[ほずみ]09月06日 00:4609月06日 00:48

雪子は18歳ですか?

NOOOO!!!! [良い質問]

No.26[とかげ]09月06日 00:4609月06日 00:59

雪子の父親は雪男で、人間とは暮らせないからと泣く泣く離ればなれになった両親でしたが、せめて父親の名前を子どもに受け継ごうと「雪子」と名付けた、18歳を迎えた雪子は、自分が人間と雪男のハーフであることを告げられる……というところまで妄想しましたがどうですか?

1

NOwですが、部分的には合ってます。最悪、その設定でもイケる程度には合ってますw 父の名は『雪夫』です。 [良い質問]

No.27[ルーシー]09月06日 00:4609月06日 00:49

雪子が母に自ら問いかけて、父の名前を知りましたか?

YES! ただし、「お父さんの名前を教えて」という風には聞いていません。 [良い質問]

No.28[とん]09月06日 00:4809月06日 00:50

雪子の誕生日は11月20日ですか?

YES! 重要です! [編集済] [良い質問]

No.29[ほずみ]09月06日 00:5109月06日 00:53

雪が降った日に生まれたので「雪子」だと思っていたが、前に11月に雪が降ったのが18年前で年齢と合わないので由来を母に聞きましたか?

YEEES!!! ただし、思っていたワケではないのです。 [良い質問]

ほぼ要素は出揃っています!
あとは、それらから推測できる、雪子にとっての父親の存在感。母親の感情。そして雪子の感情を踏まえて、まとめてみてください!
No.30[とん]09月06日 00:5309月06日 00:56

誕生日に雪が降ったのが初めてで、「私が生まれた日にも雪が降ってたから雪子って名前なの?」と聞いたら父親の名前由来だったことを知って父親の名前を口にしましたか?

NO! 誕生日に雪が降ったのは初めてです!

No.31[ほずみ]09月06日 00:5409月06日 00:56

母から13のように言われていましたか?

YES!! [良い質問]

No.32[なこ]09月06日 00:5409月06日 00:56

母親の勘違いで季節外れの雪が名前の由来だと教えられてきたけれど、この度ニュースを見て誤解が解け、本当の由来を教えてもらうことになりましたか?

母親は勘違いしていません! しかし、ニュースがこの問題の状況の切っ掛けYES! [良い質問]

No.33[とかげ]09月06日 00:5509月06日 00:56

母親は雪子に父親の話をすることを避けていましたか?

YES!!! [良い質問]

No.34[ほずみ]09月06日 00:5709月06日 00:58

父と一緒に暮らしていない理由は重要ですか?

実は重要ではありません No.26でも成立しますw 寧ろ良いw

No.35[なこ]09月06日 00:5809月06日 01:01

父親のことを忘れたかった母から今まで季節外れの雪が名前の由来だと教えられてきたけれど、今回のニュースでその話が嘘であるとバレたため、本当の私の名前の由来って何なの?と聞いてきた雪子に本当の話をしますか?

うわー、悩ましい! 限りなく正解に近いのですが、No.20の点から、母は父の名を貰って雪子と名付けました! 雪子が生まれる以前から父母は離ればなれで、雪子は『父親』を知らずに育ちました! [良い質問]

雪子は父親のことを何も知らずに育ち、今回、初めて・・・
母は「雪子の名前は、お父さんである雪夫さんの『雪』を貰ったのよ」と、父がおらずに育った雪子に教えるでしょうか?
雪子にとって、「お父さんがいない」ということは大変なショックだったのです。
No.36[9cmは近すぎる]09月06日 01:0409月06日 01:06

両親が離ればなれである理由は突き止める必要がありますか?

NO! きっとNo.26です!

No.37[なこ]09月06日 01:0509月06日 01:08

雪子は雪女であり、そもそも父親という存在を知らなかったけれど、今回本当の名前の由来を聞いて初めて父親という存在を知り父の名前を口にしますか?(°_°)?

正解です!! [正解]

No.38[ほずみ]09月06日 01:0609月06日 01:08

雪子が父親と認識している雪夫以外の人がいますか?

NO!

No.39[とかげ]09月06日 01:0609月06日 01:08

ニュースで11月に雪が降るのは18年ぶりと知った17歳の雪子は、雪が降ったから雪子と名付けたという母の説明が矛盾することに気付き、母に名前の本当の由来を聞く。そこでついに、事情があって父親の話はあまりできなかった母も、雪子に本当の父親の話を初めて聞かせるのだった。父親のことを知った雪子は、雪山で今も雪子達母子を思いながら登山客を襲っているであろう雪男の父親を思いながら、「雪夫……それがお父さんの名前なのね」と感慨深くつぶやくのだった。ですか?

正解です!!! 解説は上手い感じにモンタージュして読んでください!! [正解]

参加者一覧 8人(クリックすると質問が絞れます)

全員
ルーシー(5良:4)
とかげ(11良:6正:1)
手弁当(1)
なこ(9良:6正:1)
執事アーノルド(3)
ほずみ(7良:4)
とん(2良:1)
9cmは近すぎる(1)
解説:

私の名前は雪子。今年から県立水平高校に通っている、今をトキめく15歳!

・・・なんて言うほどのものでもなく。経済的に厳しい母子家庭で育ったので、オシャレしたり遊んだり部活をエンジョイしたりなんて華の高校生ライフは過ごしていない。
学校の成績は落とさないようにしつつも、今年からアルバイトを始めて・・・まあ、何だかんだ私なりに充実した日々を送っている。

おかげ様で、日々青春を謳歌している友達にもさして嫉妬心を抱かずにやっているけれど、一つだけ、友達の軽口を上手に受け流せないものがある。

「父親とかマジ最悪。雪子は良いよねー、家にあんなデリカシーの無いのがいなくて」

そう、父の話題だ。 私には、父親がいない。いないだけでなく、何も知らない。
写真も無く、物も無く。我が家の中で父の存在していた形跡を感じたことは一度も無い。
皆が言うように父という存在が最悪なものなのか知る由が無く、父がいないことは私にとって大きなコンプレックスなのだ。

幼稚園児の頃、何故お父さんがいないのかと母に聞いたことがある。

「おかあさん、どうしてわたしにはおとうさんがいないの? おとうさんはどこ? おとうさんにあいたい!」

「雪子、ゴメンね・・・」

幼稚園の友達の皆にはいるお父さんが私にだけいない寂しさと、私に謝る母の哀しそうな表情とで胸がいっぱいになってワンワンと泣いたっけ。

それ以来、父について聞くことはしなくなったし、家族の話や自分の生い立ちに関する話を避けるようになった。



小学生の時に、『自分の名前にはどんな意味があるのかお父さん・お母さんに聞いてみよう』という宿題が出された。
お腹に重いものを感じつつも家に帰って母に訊ねてみる、母は少し驚いたような顔をした後に、

「あなたが生まれた時にね、随分と早い初雪が降っていたの。神奈川で11月に雪なんて珍しいでしょ? だから『雪子』」

そう教えてくれた。 「こう育って欲しいから」とか「考えて考えてこういう名前を付けると決めていた」とかそういうのを予想していたのだけど、思い付きのような安直な由来で少しガッカリして、同時に、込み入った事情が無くてホッとする思いもあった。
でも、自分が生まれた日に珍しくも雪が降っていたなんて聞いたのは初めてで、なんだか自分が特別な存在になったような気もした。



そして、高校生活も半年が過ぎ、私は16歳の誕生日を迎える。
11月20日、朝。 神奈川に、雪が降った。


朝起きて窓の外を見た私は驚いた。私が覚えている限り11月に雪を見るのは初めてだし、何よりも、私『雪子』の誕生日に雪が降ったのだ。
あの時感じた特別な気持ちが戻ってきたようで、私は胸を高鳴らせる。忙しくも変わり映えしない私の毎日に今日だけは特別なことが起こりそうで、既に起きている母の待つリビングへ飛び込んだ。

「お母さん、雪が降ってる! 今日、私の誕生日! 雪子の誕生日に雪だよ!」

柄にもなくはしゃぐ私に母も嬉しそうにしていて、今年は奮発してお高いケーキを買って帰るねと言ってくれた。 ああ、もう特別なことが起きている!
どんなケーキかなとワクワクしつつ、窓の外の空から降る雪を満喫。空が私を祝福してくれているみたい、なんて我ながらバカな浮かれよう。

祝福の雪をひとしきり味わうと、今度は小さなテレビの電源を点けて、今日という日に湧いているであろうニュースを探した。
天気予報を流している局に切り替わると、神奈川の様子と共にテロップが映し出される。

『神奈川で11月に雪が観測されるのは実に18年ぶり』

「18年ぶり! ってことは私の誕生日以来の・・・・・・えっ?



瞬間、テレビの音が外の雪に吸い込まれたかのように、私の耳には何も聞こえなくなった。



「え、だって、私の誕生日にも雪が降って・・・。ねえっ、お母さんっ、だって私、16年前の雪の日に生まれたから雪子だって・・・

『18年ぶり』。ただそれだけの文字に、私の16年間の記憶が搔き消されていく錯覚に陥った。自分の輪郭が雪に埋もれていく感覚に囚われた。
私って、『雪子』って・・・一体、誰で、何なの・・・?

こんな特別な1日なんて望んでいない。悪い夢なら覚めてほしい。・・・いや、今までがずっと悪い夢だった?
頭の先から血の気が引いているのに目頭だけはカーッと熱くて、私の背後でテレビを見ていた母の方に振り返ると・・・


「うーん、そっか、バレちゃったか」


・・・随分とあっけらかんとしている母がそこにいて。



「・・・え、あ、ん? おどどどうお、えっ。 ど、ど、ど、どういうこと?」

「ホントはね、あなたが大人になった時に全部話そうと思っていたことなんだけど。『雪が降った日に生まれたから、雪子』。アレは嘘だったの

「USO? うそ、ウソ・・・・・・あ、嘘! え、ウソ、嘘!? マジで!? マジで嘘!? ウッソ、マジで!? なんで!? えっ、なんで!?」

「急にアホの子にならないでよ、こっちがビックリするじゃない」

「ご、ごめん」

あービックリした。いやまだビックリしてるけれど。 どうにか気持ちを落ち着けて、母の話が聞ける精神状態を取り戻す。

「・・・ホントはね。あなたの『雪』の字は、お父さんから貰ったのよ

「お、お父さん・・・? お母さんのお父さんのこと?」

ここ数年会っていない、母の実家の祖父を思い浮かべる。

「いいえ。あなたのお父さん・・・『雪夫(ゆきお)』さんから一文字貰って、『雪子』

「雪夫・・・? それが、私のっ・・・私の、お父さんっ・・・の、名前?」

「そう。『あなたは雪夫さんの子供だから、雪子』」

「雪夫・・・雪夫・・・だから、雪子・・・」

私は、父に関する初めての情報を噛み締めるように何度も呟いた。 そして、今一度、自分の名前を口にしてみた。
雪夫。雪子。 一度失いかけた自分の輪郭が、以前よりも強さを増して戻って来たことを実感した。

「そっか。私のお父さんの名前、雪夫っていうんだ・・・」

「そう。たとえ雪夫さんと家族になれなくても、会うことができなくなっても、雪夫さんと私が過ごした時間も想いもホンモノだったんだ、って証明したくて。だから私、一人で産んで一人で育てるって決めたの。 そのことを知った雪夫さんのお家はものすごく怒ったんだけど、雪夫さんから手紙でね・・・

『自分の子供に何もしてあげられないことがツラい。だから、僕の字をあげてほしい。滅多に降らない雪の日に生まれた僕の、特別な1文字を』

・・・って、『雪』の字を子供に付けてほしいって頼まれたの。だから、『雪子』。どう納得したかしら、雪子?」



・・・・・・・・・・・・。



「・・・いや、えっとね、なんだろう・・・とりあえず、お父さんとお母さんは何者ですか?」

私はまた意識が遠のきかけた。今まで何も知らなかっただけに、新情報が多い。多過ぎる。

「うーん。いやーまー、学生同士だったしねぇ、相手方のお家がお家だったりでねぇ。どうにもならないことだったし、結局あの後、雪夫さんはイタリアの住まいに無理矢理連れていかれたって風の噂で・・・」

懐かしき激動の日々を思い出すかのように、目をつぶって困り顔をする母にこれ以上喋らせるのは危険だと私は判断した。

「あ、うん。ゴメン。多分、今その話をされても受け止め切れないことだけは分かった。 ・・・でも、どうして、私が小学生の時に嘘ついたの? まあ、お父さんの名前の由来を借りたって意味では全部が全部嘘では無かったのかもしれないけれど」

「雪子が幼稚園生の頃、『どうしてわたしにはおとうさんがいないの? おとうさんはどこ?』って泣いてたの覚えてる? その時の雪子のことを思い出して、ホントのことを言ったら、自分の名前を見たり聞いたりする度に寂しい思いをさせちゃうんじゃないかと思って・・・

そうか。小学生の頃の私では、いない父から貰った名前だなんて上手く飲み込めなかっただろう。 母にはいつもいつも気を遣わせてしまっている。 

「お母さんっ・・・・・・って、こんな長々と話してて大丈夫!? 大丈夫じゃないね!?」

「あらホント! お母さんもう出るから、戸締りよろしく! 雪子も遅刻しないようにね!」

「私まだパジャマですけど!?」



朝起きた時は「今日は特別な日になりそう」なんて思ってたけど、「今日から特別な日々になりそう・・・」なんて、覚めた頭で寝ぼけたことを思う私だった。





簡易解説:
母子家庭で育ち、今年で16歳になる11月生まれの雪子は、「あなたが生まれた時に雪が降っていたから『雪子』」だと母から聞かされていた。
しかし、「18年ぶりに、神奈川で11月に雪を観測」というニュースのせいで、自分が生まれた時に雪が降っていなかったことを知る。
真相を確かめようと母に尋ねた結果、「父親の『雪夫』から一文字貰って『雪子』」だと聞かされる。
それまで何も知らずにいた父親に関する初めての情報。 雪子は「私のお父さんの名前、雪夫っていうんだ・・・」と、噛みしめるように呟いたのだった。
20年09月06日 00:12 [異邦人]
相談チャットです。この問題に関する事を書き込みましょう。
とかげ>>あ、タイトル、書かれたんですね! 参考にしてくださって嬉しいです。父親に思いを馳せる様子が浮かぶタイトルでした。[06日01時21分]
1
とかげ>>良い雰囲気の解説を雪男で誤魔化して当ててしまってすみません、暖かいご対応をありがとうございました。まさかまた雪男ネタかなってついふざけてみたくて……由来の嘘に気づく仕組みが素敵ですねー。このセンス好きです。異邦人さん、アルバートさん、ごちそうさまでした![06日01時18分]
1
なこ>>出題ありがとうございました!とかげさんおめでとうございます。最後迷走?してしまい申し訳無いです(°_°)11月の雪が名前の由来だよって言われたらわたしもロマンチックで嬉しいですね。[編集済] [06日01時16分]
1
ルーシー>>出題ありがとうございました![06日01時15分]
1
ほずみ[『 良い質問です 』]>>出題ありがとうございました!そうか、あの雪男問題も異邦人さんの問題でしたね[06日01時13分]
1
異邦人>>実は、父と母が離ればなれになった理由は最終的には決まっていなかったのです。 ぶっちゃけ、「父は雪男で人間と暮らせない」に一番納得してる僕がいますw タイトル付けにはとかげさんのツイートを参考に、色々書き試してみました! 諸々感謝感謝です![06日01時13分]
1
異邦人>>ご参加ありがとうございました! 母親の嘘の部分で最後グダってしまい申し訳ないです! 雪男のメスは、トラウマだな・・・。https://late-late.jp/mondai/show/9796[06日01時11分]
3
とかげ>>質問しといてなんですけど、い、いいのですか。[06日01時09分]
とかげ>>雪男と雪女って同じ種族なのでしょうか。雪男ってゴリラ的な存在のイメージで、雪女は見た目は人間で人を凍死させられる妖怪?だと思っていました。[06日00時58分]
とん>>雪男と雪女は性別以外に何か違うんですか?[06日00時54分]
とかげ>>雪男ってメスはいるのだろうか。[06日00時52分]
ほずみ[『 良い質問です 』]>>参加します![06日00時40分]
なこ>>参加します[06日00時19分]
手弁当>>参加します。[06日00時18分]
執事アーノルド>>実食!![06日00時16分]
とかげ>>参加させてください![06日00時15分]
ルーシー>>参加します[06日00時14分]
異邦人>>よろしくお願いします![06日00時13分]
SPをしてもらったユーザーに感謝状を送ろう!(SPとは?)感謝状の数に応じて、送った人・送られた人に称号ゲットのチャンス!
アルバートさんに感謝状を送りました。
この問題が良かったらGoodしよう!Goodする・みんなのコメントを見る
トリック:4票物語:6票